*

C言語でEV3開発(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 マインドストーム/EV3, 開発

eclipse-juno-logo
どもです。
2回目の投稿。
本格的な投稿としては、初めての投稿になります。
内容は、LEGO/MindStorm EV3の開発環境の構築になります。

プラットフォームですが、以下の環境を前提とします。
・OS:Windows7 Professional SP1(64bit)
・CPU:Core i7-3770K
・メモリ:16.0GB
・SSD:Intel SSDSC2CW180A3(180GB)
・仮想マシン:Virtual Box Ver.4.3.20
・ゲストOS:Ubuntu 12.04 LTS
・EV3 C言語プログラミングセット

(1). 解決すべき問題
EV3ですが、代理店となっているAfrelからC言語プログラミングセットを
購入すると、前提としている環境を整えるための手順、および簡単な
サンプルプログラムのコードが記載された冊子が手に入ります。
しかし、この冊子に記載されている環境では、

「開発対象のアプリが大きくなり、ソースファイルが複数になった場合に、
ビルドができない、コードとは別にライブラリを指定したりできない」

という問題があります。
もちろん、提供されているビルド環境を解析・更新すれば、できないことも
ありません。
(実際やってみて、成功した実績はあります。)
しかし、そのためには提供されているビルド環境を解析してカスタマイズする
必要があり、非常に手間・時間がかかってしまいます。

(2). 解決方法
前述の問題を解決するための代表的な方法として、「統合開発環境(IDE)を導入する」
というものがあります。
そして、Linux/Ubuntu上で動作するIDEでは、Eclipseが有名です。
なので、ここではEclipseを導入することで、この問題を解決します。

(3). Eclipseのダウンロードとインストール
私の環境では、Eclipse 4.2 JUNO を選択・インストールして使用しています。
まず、Eclipse CDTのLinux用インストーラをインストールします。

Eclipse

ダウンロードしたら、以下のコマンドを実行します。

これを実行することで、/opt/以下に、eclipseが展開されます。

(4). Eclipseの日本語化
日本人なので、いろいろ日本語で表示されているほうがわかりやすいです。
なので、Eclipseを日本語化します。
日本語化には、これまた有名なpleiadesを使用します。
pleiadesは、以下のサイトからダウンロードします。

pleiades

ダウンロードするのは、[安定版]にします。ついで、以下のコマンドを順次連続します。

これで、Eclipseが日本語化されます。

関連記事

no image

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

どもです。 突然ですが、電子工作を始めてみました。 1.背景 これまで、Raspber

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用したLEDの点灯/消灯について書

記事を読む

ADT7310_DHT11_eye_catch

温度センサの出力値の比較

どもです。 今回は、センサーの性能、測定結果を比較してみたので、それについて書きます。 1.

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(4)-スタブの引数(ダブルポインタ)

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の4回目です。 1回目から3回目まではコチラ

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

どもです。 前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きました。 今回からは、このタッ

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(3)-割り込み対応

どもです。 少し間が空いてしまいましたが、RaspberryPiのピンをより簡便に使用するため

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷移について書きました。 今回

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

どもです。 前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、とい

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑