*

C言語でEV3開発(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 マインドストーム/EV3, 開発

eclipse-juno-logo
どもです。
2回目の投稿。
本格的な投稿としては、初めての投稿になります。
内容は、LEGO/MindStorm EV3の開発環境の構築になります。

プラットフォームですが、以下の環境を前提とします。
・OS:Windows7 Professional SP1(64bit)
・CPU:Core i7-3770K
・メモリ:16.0GB
・SSD:Intel SSDSC2CW180A3(180GB)
・仮想マシン:Virtual Box Ver.4.3.20
・ゲストOS:Ubuntu 12.04 LTS
・EV3 C言語プログラミングセット

(1). 解決すべき問題
EV3ですが、代理店となっているAfrelからC言語プログラミングセットを
購入すると、前提としている環境を整えるための手順、および簡単な
サンプルプログラムのコードが記載された冊子が手に入ります。
しかし、この冊子に記載されている環境では、

「開発対象のアプリが大きくなり、ソースファイルが複数になった場合に、
ビルドができない、コードとは別にライブラリを指定したりできない」

という問題があります。
もちろん、提供されているビルド環境を解析・更新すれば、できないことも
ありません。
(実際やってみて、成功した実績はあります。)
しかし、そのためには提供されているビルド環境を解析してカスタマイズする
必要があり、非常に手間・時間がかかってしまいます。

(2). 解決方法
前述の問題を解決するための代表的な方法として、「統合開発環境(IDE)を導入する」
というものがあります。
そして、Linux/Ubuntu上で動作するIDEでは、Eclipseが有名です。
なので、ここではEclipseを導入することで、この問題を解決します。

(3). Eclipseのダウンロードとインストール
私の環境では、Eclipse 4.2 JUNO を選択・インストールして使用しています。
まず、Eclipse CDTのLinux用インストーラをインストールします。

Eclipse

ダウンロードしたら、以下のコマンドを実行します。

これを実行することで、/opt/以下に、eclipseが展開されます。

(4). Eclipseの日本語化
日本人なので、いろいろ日本語で表示されているほうがわかりやすいです。
なので、Eclipseを日本語化します。
日本語化には、これまた有名なpleiadesを使用します。
pleiadesは、以下のサイトからダウンロードします。

pleiades

ダウンロードするのは、[安定版]にします。ついで、以下のコマンドを順次連続します。

これで、Eclipseが日本語化されます。

関連記事

Splash

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

どもです。 今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについて

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(14)-opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである「opOUTPUT_TIME_SPE

記事を読む

OpenCvLogo

OpenCvによる画像サイズ変更

どもです。 最近、カメラの動画をOpenCvで加工する、ということに挑戦し始めました。 しか

記事を読む

google_test

C言語でEV3開発(6)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーの続き、google testでの単体テスト環境に

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました。 今回のエ

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

どもです。 前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きました。 今回からは、このタッ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(7)

どもです。 今回のエントリーでは、いよいよEV3を動かしていきます。 新しい環境に対して、最もよ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

OpenCvLogo

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 O

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

raspberry-pi
QtでRaspberryPi/GUI開発(7):pigpioを使用したチャタリング対策の問題

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したチャタリング対

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用し

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたので

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

どもです。 前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きま

raspberry-pi
RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑