*

C言語でEV3開発(2)

公開日: : マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーの内容は、前回に引き続き「EV3の開発環境の構築」の追記です。

前回のエントリーでは、統合開発環境であるEclipseのインストールまで書きました。
今回は、その続きです。

(5). リンクの設定
コマンドライン上で、どこにいてもEclipseを実行できるようにします。
やることは、/usr/bin/ に Eclipseの実行ファイルへのリンクを設定するだけです。
実行するコマンドは、以下。

これで、コマンドライン上で

とするだけで、Eclipseが起動できます。

(Ex1). Javaのインストール
Eclipseを動作させるには、Javaが必要になります。
環境にインストールされているJavaのバージョンが古かったりすると、Eclipseが
正しく動作しません。
Javaをインストールするためには、以下のコマンドを実行します。

(Ex2). Virtual Box とWindows との共有フォルダの設定
Virtual Box には、ホストOSとゲストOSでフォルダを共有するための機能が備わっています。
これは、Virtual Box のゲストOSの[共有フォルダ]から設定できます。
しかし、単に設定しただけでは、フォルダの共有ができません。
共有するためには、ゲストOS起動後に以下のコマンドを実行する必要があります。

XXXXには、Virtual Boxの共有フォルダ設定で指定した「名前」を指定します。
なお、このコマンドはログインするたびに実行するので、シェルスクリプトにしておくなど
しておくと便利です。

ログインするたびに自動で実行されるようにする方法は、現在調査・検討中です。

(Ex3). Eclipseのアンインストール
Eclipseは、実行ファイルが存在するフォルダを削除すればアンインストールができます。
なので、今回構築した環境では、以下のコマンドを実行することで、アンインストール
完了です。

関連記事

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

eclipse/CDTにおけるgdbでのデバッグ中に発生するpythonのエラー

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でのデバッグの際に「pythonのエンコードエラー

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(11)-opOUTPUT_STEP_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、再びモーターを動かすためのコマンドについて書きます。 コマンド

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(7)

どもです。 今回のエントリーでは、いよいよEV3を動かしていきます。 新しい環境に対して、最もよ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(16)-TOPPERS/HRP2 EV3 で Bluetooth割込み

どもです。 今回は、EV3 の環境をTOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷移について書きました。 今回

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

PAGE TOP ↑