*

C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

2019/08/03 | C++, C言語, HACK, 開発

(テーマ) C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました (下書き) どもです。 突然ですが、C/C++の単体テストで使用する「スタブ」を自動で生成するツールを公開しました。

続きを見る

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

2019/07/27 | Arduino, 開発

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何? フォトレジスタとは、「入射する光の強度が増すと電気抵抗が小さくなるセンサー」です。 この性質を

続きを見る

PC自作2019 – Windows10への移行

2019/07/22 | 徒然

どもです。 突然ですが、PCを交換しました。 1. 何があった!? これまで自作PC(2012年組み立て)を使用してきましたが、直近3カ月の間で、とうとう「寿命か!?」と思われる症状(突

続きを見る

QtでRaspberryPi/GUI開発(12)-gpioの状態をGUIに反映する

2019/06/16 | pigpio, Qt, RaspberryPi, 開発

どもです。 今回は、gpioピンの状態(HIGH/LOW)の変化を画面上に即座に反映する方法について書きます。 1.何をした これまで、RaspberryPi/Qt/pigpioでGPIOピンの

続きを見る

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

2019/06/08 | pigpio, RaspberryPi, 徒然, 開発

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、いろいろ書いてきました。 ところで、このpigpioを使用したアプリを実行する際には、メンドウなこと

続きを見る

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

2019/06/04 | Arduino, HACK, 開発, 電子工作

どもです。 突然ですが、電子工作を始めてみました。 1.背景 これまで、RaspberryPiとArduino、センサーを使ってやってみたことを記事にしてきました。 それらの記事では、

続きを見る

ホールセンサーの種類と使い方(割込み編)

2019/04/30 | Arduino, 開発

どもです。 前回に引き続き、今回もホールセンサーについてです。 1.前回からの違い 前回のエントリでは、ホールセンサーの電圧値を「アナログ値」でとして読み込んでいました。 また、読込みは「

続きを見る

ホールセンサーの種類と使い方

2019/04/29 | Arduino, 開発

どもです。 今回のエントリは、表題にある「ホールセンサー」についてです。 1.「ホールセンサー」って何? ホールセンサーとは、 「ホール効果を利用して『磁石が発する磁界』や『電流が発する磁

続きを見る

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

2019/04/23 | Arduino, C言語, RaspberryPi, 開発

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のArduino nanoで割込みとSPI通信を行ってみたので、その内容について書いてみます。 1.

続きを見る

Arduino nano(中華版)をセットアップしてみた

2019/03/23 | Arduino, 徒然, 開発

どもです。 突然ですが、「Arduino nano」互換(なのか?)の中華ボードを手に入れました。 開発環境をセットアップしたので、その手順とハマッた点を記載します。 1.作業環境 今回の

続きを見る

GitHub
C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

(テーマ) C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

Arduino_Logo
フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。

no image
PC自作2019 – Windows10への移行

どもです。 突然ですが、PCを交換しました。 1. 何があ

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(12)-gpioの状態をGUIに反映する

どもです。 今回は、gpioピンの状態(HIGH/LOW)の変化を画

raspberry-pi
RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiから

→もっと見る

PAGE TOP ↑