*

C言語でEV3開発(23)-モーターの性能確認

公開日: : マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回は、EV3に付属しているモーター(Lモーター/Mモーター)の性能について調べてみたので、その結果についてのエントリです。

0.動機
これまで、EV3のモーターを色々動かしてきましたが、その中で「Mモーターの出力が50%前後以上にならない」ということが起きています。
そこで、手元にあるEV3のモーターが、本当に公開されている仕様を満たしているのか否かを確認してみることにしました。

1.公開されている仕様
「LEGO MINDOSTORMS EV3 Hardware Development Kit」によれば、各モーターの仕様は下記の通りです。

-Lモーター

-175 RPM
-60 mA

-Mモーター

-260 RPM
-80 mA

特に負荷をかけずにモーターを回転させた際の出力/動作が、上記の仕様を満たしているのかを確認します。

2.検証環境と方法
検証は、下記の環境で実施します。

- PC

– CPU:i7-3770K CPU 3.50GHz
– メモリ:16.0GB
– OS:Windows7 Professional SP1(64bit)

- EV3

- OS:TOPPERS EV3RT Beta-7-release

また、モーターの動作は、実行するたびに変化し、毎回必ず同じ値になるとは限りません。
そのため、複数回試行し、その平均値が仕様に記載された値を確認します。

3.検証用アプリケーション
検証のためのアプリケーションは、下記に記載するような、非常にシンプルなものです。

– メインのタスク
– ポートなど、各種の初期化と、周期タスクの開始と停止
– 100msec定周期タスク
– そのときのモーター出力とモーター角の取得と、ログファイルへの出力
– 1sec定周期タスク
– モーター出力値の決定と設定
– モーター出力は、「0%」から開始して「100%」まで「5%」ごとに変化
– 「100%」に到達した後は、「-100%」まで「5%」ごとに変化
– 「-100%」に到達した後は、「0%」まで「5%」ごとに変化

実際の検証用アプリケーションのコードは、下記の通りです。

4.実行結果
上記のアプリケーションを実行、その10回の試行の結果の平均値(出力指定値と動作値)をグラフ化した図が、下記の通りです。

Mモーターの平均値(1)

Mモーターの平均値(1)


Mモーターの平均値(2)

Mモーターの平均値(2)


Lモーターの平均値

Lモーターの平均値


このグラフを見て分かる通り、M-モーターの出力指示値が50%以上/-50%以下になったくらいから、モーター出力値が変化しなくなっています。
そこで、このときのモーターの回転数を確認します。
確認した結果のグラフは、数の通りです。

Mモーターの回転数の平均値(1)

Mモーターの回転数の平均値(1)


Mモーターの回転数の平均値(2)

Mモーターの回転数の平均値(2)

このグラフから見ると、モーターの回転数は、おおよそ150RPM/-150RPMです。
これは、M-モーターの仕様に記載された値に非常に近い値です。
そのため、これは正常な値であると考えられます。
また、違う見方をすると、モーターの出力値が100%になった場合、単純計算でモーターの回転数は300RPM程度になります。
これは、仕様の内容とかけ離れた値になります。

次にL-モーターの動きを見ます。
モーターの出力値指示値を、出力値が追従しています。
また、モーターの回転数については、おおよそ200RPMであり、これは仕様に記載された値と一致しません。

Lモーターの回転数の平均値

Lモーターの回転数の平均値

5.確認結果の考察
TOPPERS のAPIでは、モーターの出力は、「-100%」から「100%」の範囲で出力を指定できます。
しかし、この範囲での出力の指定は、実際のモーターの出力の割合とは一致しません。
現状、モーターの出力を制御するためのAPIは限られています。そのため、「APIで指定した出力と実際の出力は必ずしも一致しない」ということを念頭において、APIを使用する必要がありそうです。

6.公開しています
今回のエントリーで作成したコード、およびテストデータについては、GitHubで公開しています。

以上、今回はEV3のモーターの出力について確認しました。
次は…何をしよう?

ではっ!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

python

Ev3開発サポートツール(4)-Pythonによるグラフ表示

どもです。 前回のエントリーで、VisualStudioCommunityでのPythonの開発環

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

eclipse_oxygen

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(8)-opOUTPUT_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、EV3でモーターを動かします。 なお、今回のエントリーでも

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(11)-opOUTPUT_STEP_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、再びモーターを動かすためのコマンドについて書きます。 コマンド

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

raspberry-pi
RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出

OpenCvLogo
RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です

OpenCvLogo
OpenCvによる画像サイズ変更

どもです。 最近、カメラの動画をOpenCvで加工する、というこ

eclipse_oxygen
苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用

eclipse_oxygen
Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryP

→もっと見る

PAGE TOP ↑