*

Objective-CからC++コードを呼び出す

公開日: : 最終更新日:2016/05/06 C++, Mac, Objective-C, 開発

どもどもです。
今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。

ソフト関係のことを勉強していて、突然Macメインの生活になり、さらにその中でMacのデスクトップツールの開発に興味が向いたので書きます。
これまでの勉強の中で作成した内容(数学の計算)をC++で実装し、さらにMacのデスクトップツールを作成する際に使用したい、というのが目標です。

1). 開発環境
まず、開発に使用するMacのスペックです。
MAC: MacBook Air (13-inch, Mid 2012)
プロセッサ名: Intel Core i7
メモリ: 8 GB

統合開発環境です。
Xcode Version 6.4

2). 作ってみた
作成するツールは、もちろん「Hello, World!」です。
コマンドラインツールです。
実際のコードは、コレ!

(CHello.cpp)

(CHello.h)

(main.m)

Xcodeの新規ウィザードに従って作成したプロジェクトとコードです。
しかし、この段階でビルドを実行しますと、エラーが発生します。
エラーの内容は、
「xxx/CHello.h:12:1: Unknown type name ‘class'; did you mean ‘Class’?」
「xxx/main.m:16:25: Use of undeclared identifier ‘new’」
というもの。
(同じ内容が、今回の場合には「8個」出現しまいた。)
エラーの内容ですが、ざっくり言うと
「class?Classじゃねーの!?」
「new?知らねーよ!」
です。
1つ目はともかく、2つ目が問題です。
new演算子が使えない、ということになります。
この問題が解決できないと、C++のコードが使用できない、ということになります。

3. new演算子を使用するために
仰々しく書いていますが、対応作は非常に簡単です(でした)。
ソースコードの「扱い」の設定を変更するだけでOKです。
どの設定を変更するかですが、「main.m」のUtilitiesランチャー(Xcode画面の右側)の「Identity and Type」(ランチャーの一番上)の「Type」です。
デフォルトでは、この設定は「Objective-C Source」となっています。
これを「Objective-C++ Source」に変更します。
この状態で再度ビルドを実行すると、ビルドは成功します。

4. いざ実行
実行する際には、ターミナルを起動してバイナリがあるディレクトリに移動して実行です。
今回の私の環境では、「CppCallSample」というバイナリが生成されますので、ターミナル上で
「./CppCallSample」
と打てば、
「Hello, World!」
が表示されます。

以上、これまでの投稿とは全く毛色の違う内容になってしまいました。
それでも誰かの参考・助けになればと思います。

ではっ!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマンドの送受信について書きました。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

どもです。 今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上から操作するため

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

elicpse/CDTでのgdbでのソースを追従したデバッグができない問題

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でgdbを利用したデバッグ中に発生する問題について

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

eclipse/CDTにおけるgdbでのデバッグ中に発生するpythonのエラー

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でのデバッグの際に「pythonのエンコードエラー

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

toppers
C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマン

toppers
C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷

toppers
C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBl

no image
C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

どもです。 今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成した

toppers
C言語でEV3開発(16)-TOPPERS/HRP2 EV3 で Bluetooth割込み

どもです。 今回は、EV3 の環境をTOPPERS/HRP2 EV3

→もっと見る

PAGE TOP ↑