*

Objective-CからC++コードを呼び出す

公開日: : 最終更新日:2016/05/06 C++, Mac, Objective-C, 開発

どもどもです。
今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。

ソフト関係のことを勉強していて、突然Macメインの生活になり、さらにその中でMacのデスクトップツールの開発に興味が向いたので書きます。
これまでの勉強の中で作成した内容(数学の計算)をC++で実装し、さらにMacのデスクトップツールを作成する際に使用したい、というのが目標です。

1). 開発環境
まず、開発に使用するMacのスペックです。
MAC: MacBook Air (13-inch, Mid 2012)
プロセッサ名: Intel Core i7
メモリ: 8 GB

統合開発環境です。
Xcode Version 6.4

2). 作ってみた
作成するツールは、もちろん「Hello, World!」です。
コマンドラインツールです。
実際のコードは、コレ!

(CHello.cpp)

(CHello.h)

(main.m)

Xcodeの新規ウィザードに従って作成したプロジェクトとコードです。
しかし、この段階でビルドを実行しますと、エラーが発生します。
エラーの内容は、
「xxx/CHello.h:12:1: Unknown type name ‘class'; did you mean ‘Class’?」
「xxx/main.m:16:25: Use of undeclared identifier ‘new’」
というもの。
(同じ内容が、今回の場合には「8個」出現しまいた。)
エラーの内容ですが、ざっくり言うと
「class?Classじゃねーの!?」
「new?知らねーよ!」
です。
1つ目はともかく、2つ目が問題です。
new演算子が使えない、ということになります。
この問題が解決できないと、C++のコードが使用できない、ということになります。

3. new演算子を使用するために
仰々しく書いていますが、対応作は非常に簡単です(でした)。
ソースコードの「扱い」の設定を変更するだけでOKです。
どの設定を変更するかですが、「main.m」のUtilitiesランチャー(Xcode画面の右側)の「Identity and Type」(ランチャーの一番上)の「Type」です。
デフォルトでは、この設定は「Objective-C Source」となっています。
これを「Objective-C++ Source」に変更します。
この状態で再度ビルドを実行すると、ビルドは成功します。

4. いざ実行
実行する際には、ターミナルを起動してバイナリがあるディレクトリに移動して実行です。
今回の私の環境では、「CppCallSample」というバイナリが生成されますので、ターミナル上で
「./CppCallSample」
と打てば、
「Hello, World!」
が表示されます。

以上、これまでの投稿とは全く毛色の違う内容になってしまいました。
それでも誰かの参考・助けになればと思います。

ではっ!

関連記事

eclipse_oxygen

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

c_sharp_eye_catch

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCoverageを使ってみた

どもです。 以前、OpenCppCoverageを使用してWindows上でカバレッジ測定する方法

記事を読む

no image

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築した

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

eclipse_oxygen

Eclipse/CrossCompile環境でプロジェクトをクリーンできない

どもです。 今回は、Eclipseでクロスコンパイル環境を作成した場合、を実行すると「指定されたフ

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(2)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回に引き続き「EV3の開発環境の構築」の追記です。

記事を読む

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(2)

どもです。 前回のエントリーで、OpenCppCoverageというカバレッジを測定する、フリーの

記事を読む

Splash

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

どもです。 今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについて

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(9)-SPI通信をしてみた

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回はQtは出てきません。 今回のエ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑