*

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

公開日: : 最終更新日:2015/05/06 マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである
「opOUTPUT_STEP_SPEED」コマンドについて書きます。

(1). opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド
今回紹介するコマンドです。
コマンドのフォーマットは、以下の通りです。

バイトインデックス内容
1コマンドコードopOUTPUT_STEP_SPEED(0xAE)
2チャンネル
3スピード-100~100(%)
4Step1(スピードに達するまでに回転する角度)0~4294967295(°)
5Step2(スピードで回転する角度)0~4294967295(°)
6Step3(スピードが0になるまでに回転する角度)0~4294967295(°)
7ブレーキ0 = ブレーキをかけない
1 = ブレーキをかける

このコマンドでは、コマンド名が似ていることもそうですが、コマンドフォーマット自体も「opOUTPUT_STEP_POWER」コマンドに似ています。
なお、基本的な動作は、opOUTPUT_STEP_POWERコマンドと同様で、Step1~Step3に設定したそれぞれの「角度」だけモーターが回転します。
すなわち、コマンドの動作が完了した際には、Step1~Step3に設定した値の分だけモーターが回転しています。
なお、単位は「°」です。
「rad(ラジアン)」ではないので、注意が必要です。

(2). サンプルコード
というわけで、opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンドを使用してモーターを動かします。
サンプルプログラムは、以下の通りです。

(3). 動画
というわけで、実際に動かしてみた場合の動画です。

見てわかるように、モーターは最初ゆっくり動き始め、その後だんだんゆっくりになり、最終的に停止します。

(4). コマンドの注意点
このコマンドを使用する際には、opOUTPUT_STEP_POWERのときと同様の注意点があります。
すなわち、回転方向はPowerの値で決定し、この値に負数を指定した場合には、モーターは逆方向に回転します。
たとえば、「-100」を指定した場合には、「出力100%、回転方向は逆」として認識されてしまいます。

また、Powerに0を設定した場合です。
これは、理想的にはモーターが動作しないことです。
しかし、実際に動かしてみると、モーターは動作してしまいます。
原因は、不明です。

次に、StepNに設定する値です。
ます、Step1には、必ず値を設定しなければなりません。
Step1に値を設定しなかった場合、モーターはきちんと動作しないようです。(というか、しませんでした。)
Step2、およびStep3ですが、Step1が設定してあれば、特に設定する必要はないようです。(実際に、値を設定しなくても、モーターは動作しました。)

また、次に記載する点がopOUTPUT_STEP_POWERコマンドと大きな違いです。
すなわち、コマンド実行前にopOUTPUT_STARTコマンドを実行する必要がありません。
いきなりopOUTPUT_STEP_SPEEDコマンドを実行した場合でも、モーターが動作します。

以上、今回は、opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンドについて書きました。
次回も、引き続きモーターを動作させるためのコマンドを紹介していきます。
では。

関連記事

google_test

C言語でEV3開発(6)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーの続き、google testでの単体テスト環境に

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(23)-モーターの性能確認

どもです。 今回は、EV3に付属しているモーター(Lモーター/Mモーター)の性能について調べてみた

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

Qt_logo_2016

QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択されたボタンの特定方法まで記載し

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

どもです。 今回は、Ev3の移動距離の算出についてです。 1.算出方法について 移動距離は

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(8)-opOUTPUT_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、EV3でモーターを動かします。 なお、今回のエントリーでも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

RasPi_Qt
Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(その後)

どもです。 前回、Linux/RaspberryPiでのQt(Q

RasPi_Qt
Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。

どもです。 RaspberryPiのOS:Raspbianの新し

no image
RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

どもです。 今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRasp

GitHub
C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

どもです。 突然ですが、C/C++の単体テストで使用する「スタブ

Arduino_Logo
フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑