*

IoT開発(2)-ESP-WROOM-02で気温測定

公開日: : 最終更新日:2020/07/23 Arduino, 開発, 電子工作

どもです。

この記事は、IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップからの続きです。

前回のエントリでは、ESP-WROOM-02にArduinoのプログラムを書き込んでL-チカする、という内容を書きました。
今回は、次のステップとして、「温度センサーで値を取得」に挑戦します。

1.使用するセンサー

今回使用するセンサーは、「MDK001」です。
MDK001は、マルツさんでコチラから購入可能です。
使用やサンプルコードは、コチラです。

※今回のエントリで使用するコードは、このコードを参考にしています。

2.配線

ESP-WROOM-02とMDK001の配線は、下記の通りに行います。

ESP-WROOM-02とMDK001の配線
ESP-WROOM-02 MDK001
3V3 VDD
IO14 SCL
IO12 SDO
IO13 SDI
GND CS
GND GND

MDK001はSPIで通信/値を取得しますので、それに合わせた配線になっています。
MDK001のCSを、GNDに直に接続しています。
これは、通信対象が1台であり選択の必要が無く、またコードの量を(少しだけですが)削減するためです。

上記以外の配線として、デバッグ用にESP-WROOM-02のGPIO4にLEDを接続しています。

電源は、パソコンからUSB/AE-UM232R経由で取っています。

3.プログラム

今回のコードは、下記の通りです。

本エントリの最初にも書きましたが、このプログラムはマルツさんのサンプルコードをほとんどのそのまま使用しています。
詳細な内容は、マルツさんのサイトを参照して下さい。

4.実行

実行すると、3秒ごとに測定した結果が表示されます。
その結果が以下!

LEDが点灯している間にPCの表示が変更され、その後LEDが消灯する、という様子が分かると思います。

5.まとめ

今回は、ESP-WROOM-02にMDK001を接続して、気温を取得/表示させました。
これでESP-WROOM-02でセンサー値を取得することができるようになりました。
次は、いよいよネットワークに接続して、センサーの値を送信します。

ではっ!

続きます

この記事は、以下の記事に続きます。
こちらの記事も併せて読んでいただけると、幸いです。
IoT開発(3)-ESP-WROOM-02でデータを送信
IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動
IoT開発(5)-ESP-WROOM-02をDeepSleepで長時間駆動させる

関連記事

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(12)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(V)
nginxとuWSGIの連携

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをI

記事を読む

Arduino_Logo

ホールセンサーの種類と使い方

どもです。 今回のエントリは、表題にある「ホールセンサー」についてです。 1.「ホールセンサ

記事を読む

eclipse_oxygen

苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用いたRaspberryPi3の

記事を読む

c_sharp_eye_catch

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCoverageを使ってみた

どもです。 以前、OpenCppCoverageを使用してWindows上でカバレッジ測定する方法

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(2)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回に引き続き「EV3の開発環境の構築」の追記です。

記事を読む

SEN0193_0114_eye_catch

土壌湿度センサーの出力値の比較:SEN0114とSEN0193

どもです。 今回も、センサーの性能、測定結果を比較してみた結果について書きます。 1.比較し

記事を読む

no image

Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 最近、Qtを触り始めま

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。 1回目から4回目はコチラ:

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(4)-スタブの引数(ダブルポインタ)

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の4回目です。 1回目から3回目まではコチラ

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(11)-SPI通信をしてみた(その3)

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回もやっぱりQtは出てきません。 そろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑