*

Arduino nano(中華版)をセットアップしてみた

公開日: : Arduino, 徒然, 開発

どもです。
突然ですが、「Arduino nano」互換(なのか?)の中華ボードを手に入れました。
開発環境をセットアップしたので、その手順とハマッた点を記載します。

1.作業環境
今回の記事では、下記の環境で行った内容を記載しています。


(HW)
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-3770L 3.5GHz
メモリ:16.0(GB))

(SW)
OS:Windows7 Professional SP1 (64bit)
Arduino IDE:Ver.1.8.7

2.ブツ
Arduino nano(中華版)の実物の写真を載せます。
arduino_nano_china_size
コレだけではサイズがピンとこないので、手近なものと比較してみます。
arduino_nano_china_size_comp

…飲み干した缶コーヒーとの比較です(すみません)。
Arduino nanoが、かなり小さいということがわかるかと思います。

3.ドライバ
このArduino nanoですが、プラグアンドプレイになっていません。
ドライバを自分でインストールしなければなりません。

そのドライバは、ココからダウンロードできます。
サイトは中国語になっていますが、googleが自動で翻訳してくれるため、特に分からないことはありません。
で、ダウンロードしてきた圧縮ファイルを解凍、実行すると、「DriverSetup(X64)」というツールが起動します。
ここで、そのまま「INSTALL」を実行、「完了」の旨の画面が表示されれば、それで完了です。
CH341SER_INSTALLER

4.使用するポート
インストールが完了したら、次はPC側の接続ポートの確認です。
確認は、デバイスマネージャから行います。
デバイスマネージャで、「USB-SERIAL CH340(COM(n)」の「(n)」の部分が、使用するCOMポートの番号です。
私の環境では、「COM9」となっています。
arduino_nano_device_manager

5.コードの書き込み
使用するポートの確認が終わったら、次は実際にコードを書いて、デバイスに書き込むというものです。
今回、書いたコードは特に意味がないので、省略します。
ポートは、メニューバーの[ツール]→[シリアルポート:COM(n)]→[COM(n)]から、選択可能なポートの一覧を参照することができます。
ここまで設定できれば、あとはスケッチを書き込んで動作開始となります。
しかし、今回一番ハマッたのは、ココからです。
というのは、Arduino IDEの設定がデフォルトの状態で書き込みを実施すると、下記のようなエラーが発生します。

コレまでArduino UNOを使っていた場合には、このようなエラーは発生したことはありませんでした。
メッセージだけ読んでみても、原因は分からないし、当然対処法も分かりません。
なので、早速調べてみました。
すると、同じようなことで悩んでいる人は、少なからずいるようです。
で、結局このエラーは、「ブートローダーが対応していない」コトが原因のようです。
なので、Arduino IDEで[ツール]→[プロセッサ]で、「ATmega328P(Old Bootloader)」を選択します。
具体的な設定箇所はココ!
arduino_ide_config

これにより、上記エラーが解消され、書き込みができるようになりました。

以上、今回は備忘録的にですが、Arduino nano(中華版)のセットアップについて書きました。
ではっ!!

関連記事

raspberry-pi

libpigpioでのRaspberryPi3とArduinoのSPI通信

どもです。 今回は、libpigpioを使用してRaspberryPi3とArduinoでSPI通

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(13)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(VI)
flaskでGET/POSTの受信処理

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6) RaspberryPi

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(12)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(V)
nginxとuWSGIの連携

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをI

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

どもです。 前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きました。 今回からは、このタッ

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(1)-ライブラリを作ります

どもです。 これまでこのブログでは、RaspberryPiのGPIOとかSPIを使用したアプリ

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(2):コピー機能の実装

どもです。 前回に引き続き、今回もMFCネタです。 内容は、MFCでの「クリップボードへのデータ

記事を読む

no image

Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 最近、Qtを触り始めま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑