*

Arduino nano(中華版)をセットアップしてみた

公開日: : Arduino, 徒然, 開発

どもです。
突然ですが、「Arduino nano」互換(なのか?)の中華ボードを手に入れました。
開発環境をセットアップしたので、その手順とハマッた点を記載します。

1.作業環境
今回の記事では、下記の環境で行った内容を記載しています。


(HW)
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-3770L 3.5GHz
メモリ:16.0(GB))

(SW)
OS:Windows7 Professional SP1 (64bit)
Arduino IDE:Ver.1.8.7

2.ブツ
Arduino nano(中華版)の実物の写真を載せます。
arduino_nano_china_size
コレだけではサイズがピンとこないので、手近なものと比較してみます。
arduino_nano_china_size_comp

…飲み干した缶コーヒーとの比較です(すみません)。
Arduino nanoが、かなり小さいということがわかるかと思います。

3.ドライバ
このArduino nanoですが、プラグアンドプレイになっていません。
ドライバを自分でインストールしなければなりません。

そのドライバは、ココからダウンロードできます。
サイトは中国語になっていますが、googleが自動で翻訳してくれるため、特に分からないことはありません。
で、ダウンロードしてきた圧縮ファイルを解凍、実行すると、「DriverSetup(X64)」というツールが起動します。
ここで、そのまま「INSTALL」を実行、「完了」の旨の画面が表示されれば、それで完了です。
CH341SER_INSTALLER

4.使用するポート
インストールが完了したら、次はPC側の接続ポートの確認です。
確認は、デバイスマネージャから行います。
デバイスマネージャで、「USB-SERIAL CH340(COM(n)」の「(n)」の部分が、使用するCOMポートの番号です。
私の環境では、「COM9」となっています。
arduino_nano_device_manager

5.コードの書き込み
使用するポートの確認が終わったら、次は実際にコードを書いて、デバイスに書き込むというものです。
今回、書いたコードは特に意味がないので、省略します。
ポートは、メニューバーの[ツール]→[シリアルポート:COM(n)]→[COM(n)]から、選択可能なポートの一覧を参照することができます。
ここまで設定できれば、あとはスケッチを書き込んで動作開始となります。
しかし、今回一番ハマッたのは、ココからです。
というのは、Arduino IDEの設定がデフォルトの状態で書き込みを実施すると、下記のようなエラーが発生します。

コレまでArduino UNOを使っていた場合には、このようなエラーは発生したことはありませんでした。
メッセージだけ読んでみても、原因は分からないし、当然対処法も分かりません。
なので、早速調べてみました。
すると、同じようなことで悩んでいる人は、少なからずいるようです。
で、結局このエラーは、「ブートローダーが対応していない」コトが原因のようです。
なので、Arduino IDEで[ツール]→[プロセッサ]で、「ATmega328P(Old Bootloader)」を選択します。
具体的な設定箇所はココ!
arduino_ide_config

これにより、上記エラーが解消され、書き込みができるようになりました。

以上、今回は備忘録的にですが、Arduino nano(中華版)のセットアップについて書きました。
ではっ!!

関連記事

DSC01629

はじめまして

田舎出身のエンジニアです。 大学進学に伴い上京、その後10年以上を東京で過ごし、 転職と配属に

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

elicpse/CDTでのgdbでのソースを追従したデバッグができない問題

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でgdbを利用したデバッグ中に発生する問題について

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

どもです。 今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上から操作するため

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(9)-SPI通信をしてみた

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回はQtは出てきません。 今回のエ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(11)-opOUTPUT_STEP_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、再びモーターを動かすためのコマンドについて書きます。 コマンド

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました。 今回のエ

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(3):クリップボードへのデータ形式の登録

どもです。 今回も、クリップボードネタです。 1.背景(簡単に) アプリケーションにコピー

記事を読む

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その際に、当然単体テストを行うので

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

Arduino_Logo
温度(湿度)センサを使ってみた(1)-ArduinoでDHT11

どもです。 今回は、久しぶりにセンサーを購入して使ってみたので、それ

GitHub
Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(2)

どもです。 前回のエントリーで、OpenCppCoverageという

GitHub
Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その

MY_MFC_LOGO
MFCプログラミング(4):Enter(ESC)キーでダイアログが閉じないようにするための設定

どもです。 前回、Enterキー/ESCキーでダイアログが閉じられる

MY_MFC_LOGO
MFCプログラミング(4):Enter(ESC)キーでダイアログが閉じないようにする

どもです。 今回は、キーボード入力の処理、特にEnterキー/ESC

→もっと見る

PAGE TOP ↑