*

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

公開日: : 最終更新日:2020/05/24 テスト, 徒然, 自動化, 開発

どもです。

前回の続きです。

前回は、VisualStudio/C#での単体テストの効率化の方法として、batファイルから単体テストを実行する方法について書きました。
しかしその最後で、「完全に改善できていない」とまとめました。
そこで今回のエントリでは、この「完全に改善できていない」点の改善方法について記載します

1.「完全に改善できていない」点

「完全に改善できていない」は、「出力ファイルが読めない/読みにくい」という点です。
単体テストの結果は、XML形式のファイルに出力されます。
そのため、せっかくテスト結果をファイルに出力したのに、ファイルを開いただけでは結果を確認はできません。
開いても結果が確認できない結果ファイル…なんだソレ?です。

2.改善方法

シンプルです。
「読めない」から「読める」にする、です。
最初に書いた通り、出力されるファイルはXML形式です、
これをHTML形式に変換して、ブラウザで表示できるようにします。

3.「読める化」

いきなりですが、XMLをHTMLに変換すると、下記のようになります。
test_result_of_vs_002_001
見た目とか、「センスが無いな」と思わせる部分がたくさんあります。
実際、「センスが無い」ので、当然の結果ですし、当然の感想です。
そこはどーでもいいです。
このように、これまでVisualStudio、またはコマンドライン上でテストを実行しないと確認ができなかったテストの実行結果を、ブラウザで確認ができる、読めるようになりました。

4.どうやった?

pythonでXMLを読み込んで解析し、解析結果をHTMLに出力しています。
使用したpythonのバージョンは「3.8.0」です。
実際に作成、使用したコードは下記です。
ベタ書きでだいぶ長いです。
すみません。

このコードの使い方ですが、任意の場所に上記pythonコードを配置し、変換対象の結果ファイルを「utest_result.xml」という名前で保存します。
そしてpythonコードを実行します。
その結果、「index.html」というファイルが作成されます。
このファイルを表示することで、前出のような結果が表示できます。

5.まとめ

今回のエントリでは、前回のエントリで「完全に改善できていない」としていた、「テスト結果ファイルの読める化」の方法を書きました。
この方法では、しかし同時に1つの結果ファイルのみです。
また、前回のエントリで書いたbatファイルとは別に実行する必要があります。
「完全に改善できていない」と、言えると思います。

しかし効率化、自動化のための方法については明らかにできたかと思います。
次回は、これまでの方法をまとめて、テストの実行から結果の生成までを一括で自動実行する方法について書こうと考えています。

ではっ!

続き:

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

関連記事

no image

Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 最近、Qtを触り始めま

記事を読む

cygwin_my_image

cygwinでstartコマンド

どもです。 このエントリでは、cygwinでWindows/コマンドプロンプトの「start」

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(3)-スタブの引数

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の3回目です。 1回目、2回目はコチラ:

記事を読む

python

Ev3開発サポートツール(4)-Pythonによるグラフ表示

どもです。 前回のエントリーで、VisualStudioCommunityでのPythonの開発環

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。 1回目から4回目はコチラ:

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(1):CFileまたはCStdioFileクラスを使用してファイル出力

どもです。 突然ですが、仕事でMFCを使用することになりました。 MFCはこれまで触ったことがな

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(11)-SPI通信をしてみた(その3)

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回もやっぱりQtは出てきません。 そろ

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前回のエントリ内でMariaDB

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑