*

ホールセンサーの種類と使い方(割込み編)

公開日: : Arduino, 開発

どもです。
前回に引き続き、今回もホールセンサーについてです。

1.前回からの違い
前回のエントリでは、ホールセンサーの電圧値を「アナログ値」でとして読み込んでいました。
また、読込みは「loop()」関数の中で行っていました。

しかし、この方法では、処理内容によっては、磁石が近づいたことの検知を逃してしまう可能性があります。
そこで今回は、「ホールセンサーによる割込み」について書いていきます。

2.割込んでみた
早速ですが、コードです。

内容としては、コレまで書いてきたコードからほとんど変わりはありません。
違いとしては、setup()内の

の部分です。
コレまでのコードでは、「attachInterrupt()」の第3引数は「RISING」でしたが、ココでは「FALLING」としています。
前回の投稿で載せたグラフから読み取れるように、ホールセンサでは磁石を近づけると出力(電位)が下がります。
そのため、この「電位が下がった」コトをトリガーに割り込みを発生させるために、設定を変更しています。

それ以外のコードは、大きく変化していません。
すなわち、「流用が可能!」というコトです!!

このコードを実機に書き込んで実行すると、通常は何も表示されません。
しかし磁石を近づけると、「interruptCount = xxx」という形式で、「割り込み」が発生した回数、前述のコードでは「interruptCount」の値、「interruptHandlerが実行された回数」が都度表示されます。
また、近づけた磁石をセンサーから「遠ざけた」際には、割り込みは発生しません。
すなわち、期待するタイミングでのみ、割り込みが発生していることが分かります。

3.まとめ
2回連続で、arduinoによるホールセンサーの電位の読み取りについて記載しました。
その中で、アナログ/デジタルの両方でセンサーの出力の読み取りについて書きました。
特にデジタルの読み取りについては、「割込み処理」が可能であること、およびそのコードについて書きました。

ここ数回のエントリの中で、ホールセンサについて書き、その使い方やできること、やり方が分かってきました。
使いこなす…ためには、もう少しH/Wの理解が必要です。
今後、それも含めて何かネタができれば、書いていきます。

ではっ!

関連記事

eclipse_oxygen

Eclipse/CrossCompile環境でプロジェクトをクリーンできない

どもです。 今回は、Eclipseでクロスコンパイル環境を作成した場合、を実行すると「指定されたフ

記事を読む

eclipse_oxygen

苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用いたRaspberryPi3の

記事を読む

Arduino_Logo

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何?

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

c_sharp_eye_catch

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCoverageを使ってみた

どもです。 以前、OpenCppCoverageを使用してWindows上でカバレッジ測定する方法

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

DIY_eye_catch

自宅で電子工作(2)-ラズパイのSPIコネクタ自作

どもです。 今回は、電子工作です。 1.何を作った 今回紹介(?)するのは、Raspber

記事を読む

image027

気圧センサを使ってみた-RaspberryPi/pigpioでMPL115A1

どもです。 前回は、DHT11をRaspberryPi/pigpioで使用、温度を測定してみました

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(7):pigpioを使用したチャタリング対策の問題

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したチャタリング対策について記載しました。 今

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑