*

eclipse/CDTにおけるgdbでのデバッグ中に発生するpythonのエラー

公開日: : 開発

どもです。
今回のエントリーは、Eclipse上でのデバッグの際に「pythonのエンコードエラー」が発生する問題です。
具体的には、Eclipse上でステップ実行を行った際に発生するエラーについて、です。

※申し訳ないことに、発生した現象の詳細情報が手元に残っていません。
今回は字面だけのエントリーになります。ご了承ください。

なお、問題の現象が発生した環境は、以下の通りです。

OS:Windows7 Professional SP1(64bit)
プロセッサ:Intel Core-i7-3770K 3.50GHz
メモリ:16.0 GB
Eclipse:Kepler Service Release2
GDB:(Cygwin 7.10.1-1) 7.10.1

(1). 発生している問題
致命的な問題は特にありません。
しかし、コンソール上に赤文字でエラー情報が表示されます。
…気にしなければ特に問題はないレベルの現象です。

(2). 原因
エラーメッセージに表示されますが、その内容が「MS932」(など)となっているかと思います。
エラーメッセージをよくよく読んでみると書いてあるのですが、「文字コードが不適切」であるために件のメッセージが表示されます。

(3). 対策・解決方法
至ってシンプルです。
デバッグの文字コードの設定を、適切に変更すれば問題ありません。
設定場所は、以下です。
(メニューバー)[ウィンドウ]->[設定](ここで、「設定」ダイアログが表示されます。
設定ダイアログ
(ダイアログ内ツリー)[C/C++]->[デバッグ]
ここで、ダイアログ右側の「文字エンコード」グループで「その他」を有効に設定し、ドロップダウンリストから任意の文字コード(おそらくUTF-8)を選択する。
設定ダイアログ
上記設定を行った上で、[OK]あるいは[適用]ボタンを押下することで、件の現象を解消できます。

以上、今回はデバッグ/ステップ実行中にコンソールに表示されるエンコードのエラーメッセージを解消する方法を書きました。
では。

関連記事

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました

どもです。 つい最近、ソースコードの解析に役に立ちそうなツールを見つけたので、ここで少し紹介をしま

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その際に、当然単体テストを行うので

記事を読む

raspberry-pi

libpigpioでのRaspberryPi3とArduinoのSPI通信

どもです。 今回は、libpigpioを使用してRaspberryPi3とArduinoでSPI通

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。

どもです。 RaspberryPiのOS:Raspbianの新しいバージョンが、少し前(…なの

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(7)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)
VM上の開発環境にWEBサーバーをインストール

どもです。 このエントリは、前回の続きです。 今回は、前回のエントリで作成したVM上のRaspb

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップ

どもです。 前回までのエントリで、「DHT11の測定結果をクラウドで見える化する」という内容を書い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑