*

「 徒然 」 一覧

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単体テストの効率化について書いてきました。 特に前回は、pythonでテスト結果のXMLを解析してHTMLに表示する、という方法を

続きを見る

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

2020/05/16 | テスト, 徒然, 自動化, 開発

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStudio/C#での単体テストの効率化の方法として、batファイルから単体テストを実行する方法について書きました。 しかしその最後で、

続きを見る

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

2020/05/13 | テスト, 徒然, 自動化, 開発

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発しています。 その際に、当然ですが単体テストを行ってカバレッジを測定する、ということを行います。 (VisualStudio/C#で

続きを見る

単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

2020/05/10 | 徒然, 開発

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。 1回目から5回目まではコチラ 単体テストの効率化を考える(1)-はじめに 単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

続きを見る

単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

2020/05/09 | 徒然, 開発

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。 1回目から4回目はコチラ: 単体テストの効率化を考える(1)-はじめに 単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

続きを見る

単体テストの効率化を考える(4)-スタブの引数(ダブルポインタ)

2020/05/08 | 徒然, 開発

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の4回目です。 1回目から3回目まではコチラ: 単体テストの効率化を考える(1)-はじめに 単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

続きを見る

単体テストの効率化を考える(3)-スタブの引数

2020/05/07 | 徒然, 開発

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の3回目です。 1回目、2回目はコチラ: 単体テストの効率化を考える(1)-はじめに 単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値 1

続きを見る

単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

2020/05/06 | 徒然, 開発

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の2回目です。 (1回目はコチラ:単体テストの効率化を考える(1)-はじめに) 1.振り返り 前回のエントリでは、 単体テストの効率

続きを見る

単体テストの効率化を考える(1)-はじめに

2020/05/05 | 徒然, 開発

どもです。 突然ですが、今回から数回にわたって「単体テストの効率化」についてのエントリになります。 0.前提として 世間では、単体テストの効率化ツールというものは、たくさんあります。 特に

続きを見る

RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

2019/08/31 | RaspberryPi, 徒然, 開発

どもです。 今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRaspbianをセットアップしたという内容になります。 0.NOOBSって? 「New Out Of Box Sotware」の

続きを見る

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-W

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(13)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(VI)
flaskでGET/POSTの受信処理

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発

→もっと見る

PAGE TOP ↑