*

「 開発 」 一覧

温度センサの出力値の比較

2020/02/02 | HACK, RaspberryPi, 開発

どもです。 今回は、センサーの性能、測定結果を比較してみたので、それについて書きます。 1.比較したセンサー 今回は、「温度センサー」について、その測定結果を比較しました。 比較した温度セ

続きを見る

自宅で電子工作(2)-ラズパイのSPIコネクタ自作

2019/12/28 | HACK, 開発, 電子工作

どもです。 今回は、電子工作です。 1.何を作った 今回紹介(?)するのは、RaspberryPi3のSPI通信ピン用のコネクタです。 SPI通信をするアプリを作る際に、毎回毎回ピンを

続きを見る

気圧センサを使ってみた-RaspberryPi/pigpioでMPL115A1

どもです。 前回は、DHT11をRaspberryPi/pigpioで使用、温度を測定してみました。 今回は、同じ環境(RaspberryPi/pigpio)で大気圧センサーであるPL115A1を

続きを見る

温度(湿度)センサを使ってみた(2)-RaspberryPi/pigpioでDHT11

2019/12/13 | C++, C言語, pigpio, RaspberryPi, 開発

どもです。 前回は、DHT11をAdrudinoにつないで温度/湿度を測定してみました。 そこで今回は、Arduinoの代わりにRaspberryPiで同様に温度/湿度を測定してみました。

続きを見る

温度(湿度)センサを使ってみた(1)-ArduinoでDHT11

2019/12/04 | Arduino, 開発

どもです。 今回は、久しぶりにセンサーを購入して使ってみたので、それについて記載します。 1.使用したセンサー 今回使用したセンサーは、「DHT11」です。 これは、「温湿度センサー」です。

続きを見る

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(2)

2019/11/25 | C++, Windows, 開発

どもです。 前回のエントリーで、OpenCppCoverageというカバレッジを測定する、フリーのツールを紹介しました。 その際に、ツールの「惜しいところ」ということで「日本語が文字化けする」とい

続きを見る

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

2019/11/24 | C++, C言語, Windows, 開発

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その際に、当然単体テストを行うのですが、その「結果」すなわち「カバレッジの測定」を求められる場合があります。 というか、ほとんどの案

続きを見る

MFCプログラミング(4):Enter(ESC)キーでダイアログが閉じないようにするための設定

2019/11/20 | C++, MFC, Windows, 開発

どもです。 前回、Enterキー/ESCキーでダイアログが閉じられることを回避する方法を記載しました。 しかし、この内容だけでは不十分な点がありました。 なので今回は、この「不足」を補足する内容

続きを見る

MFCプログラミング(4):Enter(ESC)キーでダイアログが閉じないようにする

2019/11/19 | C++, MFC, Windows, 開発

どもです。 今回は、キーボード入力の処理、特にEnterキー/ESCキーでダイアログが閉じられることの回避です。 1.背景(簡単に) データ入力画面をダイアログで作成した際に、画面上でEnt

続きを見る

MFCプログラミング(3):クリップボードへのデータ形式の登録

2019/11/18 | C++, MFC, Windows, 開発

どもです。 今回も、クリップボードネタです。 1.背景(簡単に) アプリケーションにコピー機能を実装する際に、アプリケーション独自のデータ内容をコピーする機能が要求されました。 デフォルト

続きを見る

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑