*

Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

公開日: : Arduino, 電子工作

どもです。

つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れることができました。
今回は、この「やっと手に入れたリレースイッチ」を動かしてみたので、それについて書きます。

1.購入したリレースイッチ

今回購入したリレースイッチは「TLP222AF」で、秋月電商さんで購入しました。
購入ページは、コチラです。
TLP222AFは「フォトカプラリレー」というもので、4極のノーマリーオン型のリレースイッチです。

1.1.「フォトカプラリレー」って?

「フォトカプラリレー」とは、リレーの回路の中に備えられた「発光素子」が電圧の印加により発光し、「受光素子」がこの光を受けることで出力回路に電気が流れる…という仕組みです。

1.2.具体的な動作は?

フォトカプラリレーの基本的な仕組みは前述の通りですが、文字だけで説明されてもわからないと思うので、回路図で説明します。
まず、電圧をかけていない状態では、リレーの回路の中の「発光素子」は発光しません。
そのため、受光機側の回路がつながらず、出力回路(下記回路図の右側の回路)に電流は流れません。
これに対して、リレーに電圧をかける(①)と、リレーの回路の中の「発光素子」は発光します(②)。
すると受光機側でのスイッチがONになり、出力回路に電流が流れるようになります。(③)
tlp222af_001_circuit_003
tlp222af_001_circuit_004

1.3.配線上の注意

TLP222AFを使用する場合、Arduinoとの接続/配線に注意が必要です。
接続/配線を間違えると、スイッチが切り替わりません。
TLP222AFでは、部品上部が斜めになっています。
この斜めになっている部分には長い方と短い方があり、それぞれ接続する回路が決まっています。
斜面が長い方がスイッチを切り替える側、斜面が短いスイッチのOn/Offを受けて動作する側の回路を、それぞれ接続します。
次に、それぞれの側に対して、ピンが2本出ています。
斜面の長い側については、このピンへの接続方法についても注意が必要です。
即ち、斜面に向かって左側のピンを、スイッチのOn/Offを切り替える信号を出力しているピンに、右側のピンをGNDピンに接続する。
斜面の短い側については、特に気にしなくても問題ありません。
図示すると、下図のようになります。
tlp222af_001_circuit_007

2.使ってみた

フォトカプラリレーの基本的な原理・仕組みが分かったところで、実際に使ってみます。

2.1.何をしよう?

まずは、組み込みの「Hello, world」である「Lチカ」です。

2.2.Lチカの回路

前出の回路を参考に、Arduinoを使用してLチカをしています。
Arduinoを使用して組み上げる回路は、下図のようになります。
tlp222af_001_circuit_005
(ちょっと言い訳)
回路の真ん中にある黒いものが、「リレースイッチ」です。
今回使用しているTLP222AFの実物は白くて、もっと小さいです。
しかし、対応する部品が無く、また作るスキルもないので、このようになっています。
ご容赦を。
回路図は下図です。
tlp222af_001_circuit_006

2.3.Lチカのコード

リレースイッチを使ってLチカするコードは、下記になります。

今回のコードはとても短く単純なので、詳細な説明は省略します。
行っていることは、「ピンに出力している値を確認、次の出力を決定する」、という処理です。

3.まとめ

今回のエントリでは、リレースイッチであるフォトカプラリレーの原理と使い方について書きました。
また、実際にフォトカプラリレーを使用してLチカをしてみました。
実際に使用した回路から分かるように、複雑な回路を組んだり、高価な部品を使ったりもしてません。
Arduinoのコードも単純です。
このように、リレーを使用することで、とてもシンプルにスイッチのOn/Offを切り替える回路を組むことができます。
特に、異なる電圧の電源のスイッチを組みたい場合には有用です。

さて。
これでまた1つ、できることが増えました。
ではっ!

関連記事

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(6)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(I)
VM上に開発環境を構築

どもです。前回までの記事で、ESP-WROOM-02/ESP32を電池で駆動して、センサーのデータを

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

どもです。 この記事は、以下の記事の続きです。 IoT開発(1)-ESP-WROOM-02の

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをIoTゲートウェ

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

どもです。この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表です。IoT開発(5) ESP-

記事を読む

DIY_eye_catch

自宅で電子工作(2)-ラズパイのSPIコネクタ自作

どもです。 今回は、電子工作です。 1.何を作った 今回紹介(?)するのは、Raspber

記事を読む

sensor_graph_visualization_eye_catch

センサーの値を見える化する(1)-温度センサ:MDK001の値の見える化

どもです。 ここしばらく、PCツールとかの話が多かったのですが、久方ぶりに組み込み開発のネタで

記事を読む

no image

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

どもです。 突然ですが、電子工作を始めてみました。 1.背景 これまで、Raspber

記事を読む

SEN0193_0114_eye_catch

土壌湿度センサーの出力値の比較:SEN0114とSEN0193

どもです。 今回も、センサーの性能、測定結果を比較してみた結果について書きます。 1.比較し

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

→もっと見る

PAGE TOP ↑