*

IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

公開日: : 最終更新日:2020/08/08 Arduino, 開発, 電子工作

どもです。
この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表です。
IoT開発(5) ESP-WROOM-02をDeepSleepで長時間駆動させる

1.駆動時間

ESP-WROOM-02を電池(エネループ単三3本)で駆動させた際の「測定可能時間」は、

「約20日間」

でした。
なお、測定間隔は「5分」に設定していました。

2.測定結果

測定した結果をグラフにしました。

iot_raspberrypi_esp_wroom_02_005_1_001

3.測定結果の解析

グラフの結果について、簡単ですが解析します。
まず、一番目に付く「ギザギザ」ですが、コレは測定中のノイズ…です。
また、「山」と「谷」が見えます。
これは、測定しているのが、「気温」であることから、「山」になっている部分が一日の最高気温、「谷」になっている部分が一日の「最低気温」であると言えます。

3.1.ノイズの除去

「測定中のノイズ」ですが、移動平均フィルタを用いて除去してみます。

iot_raspberrypi_esp_wroom_02_005_1_002

前半はどうにもできませんでしたが、後半部分は少し見やすくなったかと思います。

4.まとめ

今回は、ESP-WROOM-02の電池での駆動時間の測定結果について書きました。
駆動可能時間は、約20日間でした。
これは、測定間隔を5分から30分に延ばせば、理論上は約120日(4カ月程度)駆動可能、ということになります。
また、今回は電池3本で駆動させていますが、電池の本数を更に増やすことで、駆動可能期間はさらに伸ばすことも期待できます。
「ノイズ」については、対応方法を検討/実践していきます。

ではっ!

関連記事

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(8):pigpioを使用したチャタリング対策の問題の対策

どもです。 だいぶ、間が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで、「

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

記事を読む

Rasp_DHT11

温度(湿度)センサを使ってみた(2)-RaspberryPi/pigpioでDHT11

どもです。 前回は、DHT11をAdrudinoにつないで温度/湿度を測定してみました。 そこで

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(4)-スタブの引数(ダブルポインタ)

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の4回目です。 1回目から3回目まではコチラ

記事を読む

c_sharp_eye_catch

セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内の文字列から「打消し線で消され

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

eclipse_oxygen

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。 1回目から5回目まではコチラ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

→もっと見る

PAGE TOP ↑