*

IoT開発(9)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(III)
MariaDBのセットアップ

公開日: : RaspberryPi, 開発

どもです。
今回のエントリは、以下のエントリの続きです。

IoT開発(7)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)
VM上の開発環境にWEBサーバーをインストール

IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

前回までのエントリで、MariaDBをインストール、PHPの設定を行ってきました。
しかし、インストールしただけではデータベースもテーブルが一切なく、そのため何もできません。
そこで今回は、MariaDBの各種設定を行い、データベースを使えるようにします。

1.ユーザの追加

MariaDBは、インストール直後は「root」ユーザのみ登録されています。
しかし、これはあくまで「root」ですので、これ以外の新たなユーザを追加する必要があります。

1.1.MariaDBのコマンドライン起動

ユーザを追加するにあたり、RaspberryPiOS上で以下のコマンドを実行して、MariaDBにログインします。

1.2.ユーザの作成

オプション(-u)の意味については、mariadbのマニュアルを参照してください。
MariaDBにログインした後は、以下のコマンドを実行します。
ここでは、「pi」というユーザを追加しています。

次に追加したユーザ「pi」に対して、管理者権限を付与します。
管理者権限を付与することで、データベースを作成するなどの操作ができるようになります。

上記のクエリでは、全てのデータベースに対してアクセス権限を与えています。
これに対して、アクセスできるデータベースを制限することもできます。
そのためには、以下のようなクエリを発行します。

パスワードを指定するような場合には、この後ろに

を追記します。
「password」の部分には、適切なパスワードを指定します。
ユーザの作成が完了したら、一度MariaDBからログアウトします。
そして、以下のコマンドを実行して、作成したユーザアカウント(ここでは「pi」)でログインします。

ユーザが正常に登録できていれば、ログインができます。

1.3.登録されたユーザの確認

登録されているユーザの情報は、以下のクエリで確認ができます。

ユーザ「pi」を追加した直後は、以下のような結果が得られるかと思います。

2.まとめ

今回のエントリでは、インストールしたMariaDBに新規にユーザを追加しました。
ユーザの登録や設定については、もっといろいろな設定方法/設定項目があります。
それらの方法については、機会があったら適宜紹介していきます。

ではっ!

関連記事

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(7)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)
VM上の開発環境にWEBサーバーをインストール

どもです。 このエントリは、前回の続きです。 今回は、前回のエントリで作成したVM上のRaspb

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前回のエントリ内でMariaDB

記事を読む

google_test

C言語でEV3開発(6)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーの続き、google testでの単体テスト環境に

記事を読む

SEN0193_0114_eye_catch

土壌湿度センサーの出力値の比較:SEN0114とSEN0193

どもです。 今回も、センサーの性能、測定結果を比較してみた結果について書きます。 1.比較し

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

sensor_graph_visualization_eye_catch

センサーの値を見える化する(1)-温度センサ:MDK001の値の見える化

どもです。 ここしばらく、PCツールとかの話が多かったのですが、久方ぶりに組み込み開発のネタで

記事を読む

no image

QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きました

記事を読む

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その際に、当然単体テストを行うので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-W

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(13)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(VI)
flaskでGET/POSTの受信処理

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発

→もっと見る

PAGE TOP ↑