*

IoT開発(7)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)
VM上の開発環境にWEBサーバーをインストール

公開日: : 最終更新日:2020/07/26 RaspberryPi, 開発, 電子工作

どもです。
このエントリは、前回の続きです。

今回は、前回のエントリで作成したVM上のRaspberryPi OSにnginx、php、MariaDBをインストール/設定して、WEBサーバー化します。

1.インストール

nginx、php、MariaDBを順番にインストールします。

1.1.nginx

コマンドプロンプトから、下記コマンドを実行します。

インストール完了後、ホストPCのブラウザで「http://(VMマシンのIPアドレス)」で次の画面が表示できれば、インストール完了です。

1.2.PHP

1.2.1.インストール

コマンドプロンプトから、下記コマンドを実行します。

見てわかる通り、コマンドの実行が完了したら、以下のコマンドを実行、バージョン情報が得られることを確認します。
なお私の環境では、

でした。

1.2.2.設定

nginxでは、phpはインストールするだけでは使用できません。まず、nginxの設定を行います。
設定ファイルは、以下のコマンドを実行して開きます。

開いたファイルの44行目(私の環境)に、「index.php」を追加します。
また、その下にある「pass PHP scripts to FastCGI server」の部分をコメントアウトします。

次に、php.iniを変更します。
以下のコマンドを実行して、phpの設定ファイルを開きます。

「7.3」の部分は、インストールしたphpのバージョンに従って変更してください。
開いたファイルの中で、790行目辺りに、

のコメントアウトを解除して、

と変更します。
以上で、phpの設定は完了です。
設定が完了したら、phpとnginxを再起動します。
再起動は、それぞれ以下のコマンドを実行します。

次に、ドキュメントのルートフォルダに、以下のphpファイルを作成します。
以下のコマンドを実行し、下記コードを入力します。

ホストPCのブラウザで「http://(VMマシンのIPアドレス)/test.php」で次の画面(phpのステータス画面)が表示できれば、インストール完了です。

1.3.MariaDB

最後に、MariaDBをインストールします。
MariaDBのインストールは、コマンドライン上で下記コマンドを実行します。

インストールが完了したら、次のコマンドを実行し、バージョンが取得できればインストール完了です。

2.まとめ

今回、RaspberryPi OSにengix、PHP、MariaDBをインストールしました。
これで、他のセンサー/デバイスが送信したデータを「受信する」準備ができました。
次は、この構築した環境に、センサーの値を書き込む準備を行います。

ではっ!

続きます。

今回のエントリでは、設定が不足しています(いました)。
その不足部分を補う内容を、以下のエントリで書いています。
参照して下さい。
IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-1
MariaDBにPHPからアクセス

関連記事

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(2):コピー機能の実装

どもです。 前回に引き続き、今回もMFCネタです。 内容は、MFCでの「クリップボードへのデータ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(4)-スタブの引数(ダブルポインタ)

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の4回目です。 1回目から3回目まではコチラ

記事を読む

ADT7310_DHT11_eye_catch

温度センサの出力値の比較

どもです。 今回は、センサーの性能、測定結果を比較してみたので、それについて書きます。 1.

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました。 今回のエ

記事を読む

sensor_graph_visualization_eye_catch

センサーの値を見える化する(1)-温度センサ:MDK001の値の見える化

どもです。 ここしばらく、PCツールとかの話が多かったのですが、久方ぶりに組み込み開発のネタで

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

記事を読む

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました

どもです。 つい最近、ソースコードの解析に役に立ちそうなツールを見つけたので、ここで少し紹介をしま

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑