*

Sourcetrailを試してみました(2)-Eclipseと連携

公開日: : 開発

どもです。
前回のエントリで、ソースコードを解析するオープンソース「Sourcetrail」を紹介しました。
今回は、この「Sourcetrail」をEclipseから使ってみようと思います。

1.Eclipse用のプラグインのインストール

SourcetrailをEclipseから使用するために、まずEclipse用のプラグインをインストールします。
まず、Eclipseのメニュー[ヘルプ]→[新規ソフトウェアのインストール]を選択して、インストール画面を開きます。
インストール画面を開いたら、「作業対象」に
「https://coatisoftware.github.io/eSourcetrail/updatesite」
を入力します。
入力後、[追加]ボタンを押します。
「リポジトリに名前を付ける」的な画面が表示されるので、テキトーな名前を入力します。
(ここでは、「Sourcetrail」を入力しています。)
source_trail_eclipse_001
作業対象の少し下に、ソフトウェアの一覧が表示されるので、全てチェックして[次へ]ボタンを押します
source_trail_eclipse_002
ライセンスへの同意が求められるので、「同意します」を選択して[完了]ボタンを押します。
source_trail_eclipse_003
インストールが開始されます。
開始前に「警告」画面が表示された場合は、内容を確認して続行してください。
ちなみに今回は、こんな画面が表示されました。
source_trail_eclipse_004
インストールが完了すると、Eclipseの再起動が求められます。
特に何もなければ、「今すぐ再起動」を選択します。
source_trail_eclipse_006

これで、Eclipseへのプラグインのインストールは完了です。

2.使ってみる

インストールが完了したので、次は実際に使ってみます。

2.1.Sourcetrailの起動

プラグインを使用するためには、あらかじめSourcetrailでプロジェクトを作成、起動しておく必要があります。

2.2.Sourcetrailとの連携

Eclipseの対象プロジェクト上で右クリック、表示されたメニューの中から
[eSourcetrail]→[Send Location to Sourcetrail]
を選択します。
これで、起動しているSourcetrailとの連携/連結が完了しました。

2.3.表示

連携後、解析対象の関数名上で右クリック、表示されたメニューの中から
[eSourcetrail]→[Send Location to Sourcetrail]
を選択します。
すると、起動しているSourcetrailの画面が、選択した関数の解析画面に切り替わります。

ここで「Send Location to Sourcetrail」を選択すると…
source_trail_eclipse_007_1
Sourcetrailには、コレ(↓)が表示されます。
source_trail_eclipse_008_1

3.まとめ

今回は、SourcetrailとEclipseの連携の手順と結果について記載しました。
期待していたのは、
「Eclipseのウィンドウ内に、Sourcetrailと同等の画面が表示される」
という動作でした。
少し思っていたことと、違う動作でした…。

さて。
これで、開発の中で、変更点の影響範囲はどこまでか、どこに影響を及ぼすかの分析を、開発環境から実施できるようになりました。
結果として、開発効率の向上を期待したいです。

ではっ!

関連記事

no image

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築した

記事を読む

Splash

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

どもです。 今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについて

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(3)-ESP-WROOM-02でデータを送信

どもです。 この記事は、IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップ、IoT開発(

記事を読む

image027

気圧センサを使ってみた-RaspberryPi/pigpioでMPL115A1

どもです。 前回は、DHT11をRaspberryPi/pigpioで使用、温度を測定してみました

記事を読む

c_sharp_eye_catch

セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセルのセル内の文字列から 「取り

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(11)-SPI通信をしてみた(その3)

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回もやっぱりQtは出てきません。 そろ

記事を読む

no image

RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

どもです。 今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRaspbianをセットアップしたとい

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発しています。 その際に、当然ですが

記事を読む

EF_GRY-OR_png

Eclipseで単体テストするときの注意点(?)

どもです。 今回のエントリは、Eclipse/cygwinで単体テストを行う際にハマってしまっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

→もっと見る

PAGE TOP ↑