*

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(2)

公開日: : C++, Windows, 開発

どもです。
前回のエントリーで、OpenCppCoverageというカバレッジを測定する、フリーのツールを紹介しました。
その際に、ツールの「惜しいところ」ということで「日本語が文字化けする」ということを書きました。
調べてみると、これを解決(解消?)する方法があることが分かりました。
そこで今回は、この「解決(解消?)」の方法について書きます。

1.解決方法

OpenCppCoverageは、コマンドライン上で実行するツールとは別に、VisualStudioのプラグインが公開されています。
このプラグインを適用することで、VisualStudio上でOpenCppCoverageを実行し、VisualStudioのエディタ上に結果を表示できるようになります。
したがって、「日本語が文字化けする」ことなく、カバレッジを表示できるようになります。

なお、今回のエントリでは、以下の環境で作業を行っています。
・CPU:i7-8700 CPU 3.20GHz
・メモリ:16.0GB
・OS:Windows 10 Pro(バージョン:1903)
・Visual StudioCommunity 2019 Version 16.3.9

2.ツールの入手

VisualStudioのMarketPlaceからインストーラを取得します。
画面上の「Download」ボタンをクリックすると、インストーラが取得できます。
OpenCppCoverage(2)_001_download

3.インストール

ダウンロード後、ファイルをダブルクリックしてインストールします。
OpenCppCoverage(2)_002_install
これで、インストールは完了です。

4.実行

インストールが完了したら、単体テストのプロジェクトをVisualStudioで起動します。
起動後、単体テストプロジェクトにおいて、OpenCppCoveragePluginの設定を行います。
ソリューションエクスプローラで右クリックして、コンテキストメニューから「OpenCppCoverage Settings」を選択します。
OpenCppCoverage(2)_003_open_setting_dialog

表示された「Settings」ダイアログにおいて、各種設定を行います。
まず、「Selected Porjects:」において、単体テストのプロジェクトのチェックを有効にします。
次に、「Program to run:」に、単体テストの実行ファイルのパスを設定します。
設定が完了したら、画面右下の「Run Coverage」をクリックします。
OpenCppCoverage(2)_004_settings
すると、単体テストが実行されます。

5.結果の確認

単体テスト実行後、テスト対象の任意のファイルを開くと、テストされている/されていないパスが、それぞれ色付けされた状態で表示されます。
このとき、日本語も文字化けすることなく表示されます。
OpenCppCoverage(2)_005_result_in_code
また、各ファイルのカバレッジについても、確認することができます。
OpenCppCoverage(2)_006_result

6.まとめ

今回は、前回のエントリで挙げた課題の1つである「文字化け」について解決する方法を記載しました。
これにより、テストされている/されていないパスを、文字化けすることなく確認ができるようになります。
文字化けがないと、やっぱりコードが見易いですね。

今回のエントリでは、VisualStudioにOpenCppCoverageのプラグインを導入することで、「日本語の文字化け」を解決する方法について記載しました。
プラグインの導入により、コマンドラインを起動して、OpenCppCoverageを実行して、結果を確認して、という一連の手順まで全てVisualStudio上で実行できるようになりました。
結果の出力についても、設定画面の「Import/Export」タブの「ExportTypePath」を設定することで、実行と同時に出力できるようになります。
しかし、出力されるレポート(HTML形式)では、文字化けは解決できていませんでした。
やっぱり、最終的なレポートの出力については、OpenCppCoverage本体の更新に期待するしかないのかなぁ…。

ではっ!

関連記事

no image

QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きました

記事を読む

image027

気圧センサを使ってみた-RaspberryPi/pigpioでMPL115A1

どもです。 前回は、DHT11をRaspberryPi/pigpioで使用、温度を測定してみました

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップ

どもです。 前回までのエントリで、「DHT11の測定結果をクラウドで見える化する」という内容を書い

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、い

記事を読む

Qt_logo_2016

QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択されたボタンの特定方法まで記載し

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用したLEDの点灯/消灯について書

記事を読む

no image

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

どもです。 突然ですが、電子工作を始めてみました。 1.背景 これまで、Raspber

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(1)-ライブラリを作ります

どもです。 これまでこのブログでは、RaspberryPiのGPIOとかSPIを使用したアプリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑