*

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(さらにその後)

公開日: : 最終更新日:2019/11/16 pigpio, Qt, RaspberryPi, 開発

どもです。

前回の投稿から、かなり時間が空いてしまいましたが、今回は前回の続きとして、「QtCreatorでビルドしたアプリを実機で実行する」という内容を書きます。

1.実行ファイルを確認してみよう

前回のエントリで設定した内容で作成したアプリに対してfileコマンドを実行してみます。
すると、以下のように出力されます。

はい。
これで、ARM(ひいてはRaspberryPi)で実行可能な形式でビルドされていると確認できました。

2.実行ファイルを実行してみよう

2.1.いつも通り実行した結果

今回作成したアプリは、pigpioを使用しています。
そのため、実行時に”sudo”を指定する必要があります。

実行してみると、コマンドライン上に以下のメッセージが表示されます。

この時、モニタには真っ暗な画面が表示されるだけです。
すなわち、期待した通りには動作していませんでした。

2.2.エラーメッセージから解析してみよう

エラーメッセージの中で気になるのが、以下のメッセージ。

…要は、「パスが通っていない」ので動作しない、ということのようです。

2.3.さてどうする?

上記原因に対して、パッと思いつく策は2つ。
(1):sudoユーザーの環境変数を設定する。
(2):sudoユーザーへ環境変数を継承する。

一番正しい、やるべき対応が(1)であることは間違いありません。
しかし、Linuxの管理を素人がいじるのは大変怖いです。
なので、ここは(2)の方法で対応することにします。
(※もちろん、後々にはsudoの環境変数を設定して対応します。)

2.3.さてやってみよう

調べてみると、実に簡単でした。
sudo実行時に、「-E」オプションを指定することで、現在のユーザーの環境変数を保持しつつ、コマンドを実行することができます。
実行してみると、確かに画面が実行されました。

3.まとめ

今回は、クロス環境でビルドしたアプリを実際に実機で動作させる方法について記載しました。
sudo云々の話が出ましたが、pigpioを使用しない、一般ユーザーで実行できるアプリについては、問題なく実行できます(できるはずです…)。

これで、Qt/RaspberryPiでのクロス環境構築については、一度終了とします。

関連記事

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

raspberry-pi

libpigpioでのRaspberryPi3とArduinoのSPI通信

どもです。 今回は、libpigpioを使用してRaspberryPi3とArduinoでSPI通

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStudio/C#での単体テストの効率

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(2)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回に引き続き「EV3の開発環境の構築」の追記です。

記事を読む

no image

QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きました

記事を読む

think_about_utest

middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。 1.最小のフレームワーク

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(1):CFileまたはCStdioFileクラスを使用してファイル出力

どもです。 突然ですが、仕事でMFCを使用することになりました。 MFCはこれまで触ったことがな

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷移について書きました。 今回

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

Splash

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

どもです。 今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑