*

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(さらにその後)

公開日: : 最終更新日:2019/11/16 pigpio, Qt, RaspberryPi, 開発

どもです。

前回の投稿から、かなり時間が空いてしまいましたが、今回は前回の続きとして、「QtCreatorでビルドしたアプリを実機で実行する」という内容を書きます。

1.実行ファイルを確認してみよう

前回のエントリで設定した内容で作成したアプリに対してfileコマンドを実行してみます。
すると、以下のように出力されます。

はい。
これで、ARM(ひいてはRaspberryPi)で実行可能な形式でビルドされていると確認できました。

2.実行ファイルを実行してみよう

2.1.いつも通り実行した結果

今回作成したアプリは、pigpioを使用しています。
そのため、実行時に”sudo”を指定する必要があります。

実行してみると、コマンドライン上に以下のメッセージが表示されます。

この時、モニタには真っ暗な画面が表示されるだけです。
すなわち、期待した通りには動作していませんでした。

2.2.エラーメッセージから解析してみよう

エラーメッセージの中で気になるのが、以下のメッセージ。

…要は、「パスが通っていない」ので動作しない、ということのようです。

2.3.さてどうする?

上記原因に対して、パッと思いつく策は2つ。
(1):sudoユーザーの環境変数を設定する。
(2):sudoユーザーへ環境変数を継承する。

一番正しい、やるべき対応が(1)であることは間違いありません。
しかし、Linuxの管理を素人がいじるのは大変怖いです。
なので、ここは(2)の方法で対応することにします。
(※もちろん、後々にはsudoの環境変数を設定して対応します。)

2.3.さてやってみよう

調べてみると、実に簡単でした。
sudo実行時に、「-E」オプションを指定することで、現在のユーザーの環境変数を保持しつつ、コマンドを実行することができます。
実行してみると、確かに画面が実行されました。

3.まとめ

今回は、クロス環境でビルドしたアプリを実際に実機で動作させる方法について記載しました。
sudo云々の話が出ましたが、pigpioを使用しない、一般ユーザーで実行できるアプリについては、問題なく実行できます(できるはずです…)。

これで、Qt/RaspberryPiでのクロス環境構築については、一度終了とします。

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

eclipse_oxygen

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマンドの送受信について書きました。

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました。 今回のエ

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

Qt_logo_2016

QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択されたボタンの特定方法まで記載し

記事を読む

no image

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップ

どもです。 前回までのエントリで、「DHT11の測定結果をクラウドで

sensor_graph_visualization_002_eye_catch
センサーの値を見える化する(2)-温湿度センサ:DHT11の値の見える化

どもです。 前回に引き続き、今回もセンサ値の見える化です。

sensor_graph_visualization_eye_catch
センサーの値を見える化する(1)-温度センサ:MDK001の値の見える化

どもです。 ここしばらく、PCツールとかの話が多かったのですが、

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

→もっと見る

PAGE TOP ↑