*

RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

公開日: : RaspberryPi, 徒然, 開発

どもです。

今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRaspbianをセットアップしたという内容になります。

0.NOOBSって?

「New Out Of Box Sotware」の略称で、初心者向けに推奨されているOSをインストールするためのツールです。
更に言うと「NOOBS」は、RaspbianやLibreELECなどのOSを簡単にインストールするためのインストーラです。
インストール時にインストールしたいOSを選択することで、OSのインストールが行われます。

…個人的に自分は「初心者ではない」と思っているので、この方法でのインストールが適切な方法なのか…。
でも、やったことがないので、やってみます!!

1.NOOBSのダウンロード

NOOBSは、ココからダウンロードします。
ダウンロードの際には、「NOOBS」と「NOOBS Lite」の2つがあります。
基本的にはどちらも同じOSインストーラですが、「NOOBS Lite」にはRaspbianがプリインストールされていません。
「NOOBS Lite」でRaspbianをインストールするためには、当該画面上でRaspbianを選択することで、インターネット経由でOSの
ダウンロード/インストールが行われます。

今回は、自分の環境がWindowsということもあり、扱いやすいZIP形式のファイルをダウンロードします。

※ダウンロードの際、ブラウザにFireFoxを使用した場合、途中で失敗してしまいました。
 何度か試してみましたが、結果は変わりませんでした…。
 代わりにGoogle Chromeを使用した場合には、問題なくダウンロードできました。

2.SDカードへのコピー

ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると、下図の一覧のファイルが生成されます。
これを、SDカードのコピーします。
noobs_001

3.OSのインストール

SDカードへのNOOBSファイルの一覧のコピーが完了したら、そのSDカードをRaspberryPi本体にセットします。
ここからは、次はRaspberryPi本体での作業になります。

3.1.OSの選択

RaspberryPiを起動すると、OSの選択画面が表示されます。
noobs_install_001
この一覧の中から、インストールしたいOSを選択します。
今回は、前述通り「Raspbian」を選択します。
なお、「Full」と「Lite」が存在しますが、ここでは「Full」を選択します。

表示は、デフォルトで英語になっています。
今回のエントリでは、画面下で日本語に表示を切り替えて作業をしています。
ここで…
noobs_install_002
日本語を選択します。
noobs_install_003

3.2.インストール実行

画面上の「インストール」ボタンを押下すると、インストールが開始されます。
noobs_install_004
noobs_install_005
インストール中は何もせず、ひたすら待ちます。
なお、インストールは中断ができません。
ご注意ください。
noobs_install_006
完了!
noobs_install_006_1

3.3.インストール後の設定

OSのインストールが正常に完了した場合、Raspbianが起動します。
noobs_install_006_2

4.OSの初期設定

NOOBSでのOSインストールでは、初回起動時に初期設定手順が実行されます。
ここでは、NOOBSを用いずにOSをインストールした際に手動で実行する必要がある各種設定を、順番に行うための画面が表示されます。

4.1.地域設定

RaspberryPiを使用している地域を設定します。
日本で生活/作業をしているため、日本/東京を設定します。
言語も、当然日本語です。
noobs_install_007_2
設定/選択が完了したら、[NEXT]ボタンを押下します。

4.2.パスワード設定

パスワードを変更します。
Raspbianはデフォルトでパスワードが設定されていますが、これを変更します。
noobs_install_007_1
パスワードを入力したら、[NEXT]ボタンを押下します。

4.3.画面設定

画面の設定です。
使用しているモニターに合わせて、解像度が自動で設定されるようです。
モニター中央にのみRaspbian画面が表示され、周りが黒画面という場合、この画面でチェックを入れておくと、全画面表示となります。
この画面で…
noobs_install_008_2
チェックをします。
noobs_install_009_2

4.4.Wifi設定

Wifiを設定します。
特に設定が必要ない場合、スキップが可能です。
※ここではスキップを設定します
noobs_install_010_2

4.5.ソフトウェア更新

ソフトウェアを最新に更新します。
noobs_install_011_2
noobs_install_012_2
※なお、私の環境ではなぜかエラーが発生しました…。
 解せぬ!
noobs_install_013_2

4.6.完了!

全ての手続きが完了すると、それを通知する画面が表示されます。
設定を有効にする場合には、RaspberryPiの再起動が必要です。
完了画面上の[Restart]ボタンを押下して、RaspberryPiを再起動します。
noobs_install_014_2

以上で、NOOBSを使用したRaspberryPiの設定は完了です。
なお、この設定ではSSHが有効になっていません。
そのため、SSHでログインして作業をするためには、raspi-configを実行してSSHを別途有効にする必要があります。

sshは、下記コマンドを実行すると設定画面が表示されます。
その中からsshの文言を探し出して下さい。

※ネットには同じ情報が様々転がっていますが、設定するための選択画面が異なっています。
混乱回避のために、ここでは画面は貼りません。

5.まとめ

今回は、RaspberryPiのOSであるRaspbianを、NOOBS経由でインストールしてみました。
これまで、RaspbianのイメージをSDカードに焼く方法も試していますが、個人的にはどちらの方法が優れている、ということは判断できませんでした。
NOOBSを使用すれば、Raspbian以外のOSも選択できるので、採用するOSが決まっていない場合にはNOOBSを採用する方がよいかもしれません。
しかし、採用するOSが決まっている場合には、その限りではありませんね。

ではっ!

関連記事

GitHub

C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

どもです。 突然ですが、C/C++の単体テストで使用する「スタブ」を自動で生成するツールを公開

記事を読む

Arduino_Logo

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何?

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(1):CFileまたはCStdioFileクラスを使用してファイル出力

どもです。 突然ですが、仕事でMFCを使用することになりました。 MFCはこれまで触ったことがな

記事を読む

ADT7310_DHT11_eye_catch

温度センサの出力値の比較

どもです。 今回は、センサーの性能、測定結果を比較してみたので、それについて書きます。 1.

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(さらにその後)

どもです。 前回の投稿から、かなり時間が空いてしまいましたが、今回は前回の続きとして、「QtC

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用したLEDの点灯/消灯について書

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の2回目です。 (1回目はコチラ:単体テスト

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(4)-スタブの引数(ダブルポインタ)

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の4回目です。 1回目から3回目まではコチラ

記事を読む

no image

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

どもです。 突然ですが、電子工作を始めてみました。 1.背景 これまで、Raspber

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑