*

C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

公開日: : 最終更新日:2019/08/31 C++, C言語, HACK, 開発

どもです。

突然ですが、C/C++の単体テストで使用する「スタブ」を自動で生成するツールを公開しました。

作成したのは5年くらい前で、その後細々使用していましたが、自宅のSVNサーバーが少し前に壊れた、メインのPCを入れ替えたなど、環境の変化がありましたので、保管場所(?)をGitHubに変更することにしました。
それに伴い、公開します。

1.ビルド環境

以下の環境でのビルドを確認しています。

PC本体:
OS:Windows10 Pro (バージョン:1903)
CPU:Intel Core i7-8700
メモリ:16GB

開発環境:
IDE:Eclipse Version 2019-06(4.12.0)
Cygwin:gcc/x86_64-pc-cygwin

2.使い方

2.1.ツールの使い方

下記のような使い方をします。

ここで、”ev3_brick.txt”はスタブを作成したい関数の定義が入力されたファイル名です。
具体的な内容は、下記の通りです。

このファイルを入力とした場合、次のようなスタブのコードが生成されます。

2.2.生成されたスタブ

  • 生成された関数には、末尾に”_stub”が付加されています。
    必要に応じて、これは削除して下さい。
  • スタブの戻り値を予め設定しておくためのバッファーも、生成されます。
  • バッファーも、呼び出された順番ごとに戻り値を設定できます。
  • バッファーを初期化するための関数も、同時に生成されます。
  • バッファーに関しては、呼び出し回数と引数のバッファーについては、GETマクロ、戻り値のバッファーについてはSETマクロが用意されます。

3.言い訳コーナー

3.1.CMakeじゃないの?

はい。
CMakeではございません。
make/Makefileでのビルドになります。
また、上記Windows環境でのみビルドが確認できています。

3.2.Windows10だけ?

はい。
動作確認ができているのが、Windows10/cygwinのみです。
LinuxとかMacでの確認はできていません。

4.公開しています

GitHubに公開しています。
自宅サーバーが壊れた関係で、開発の途中経過は一切残っていません。
申し訳ありません。
また、設計資料もastahで作成しており、データを救出できなかったので公開を避けました。

5.まとめ

だいぶ昔に作ったモノで、今コードを読み返すと
「ひどい設計、ひどいコードになっているなぁ」
と思ってしまいます。
それでも、自分で使っていた時には
「お。役に立つな」
と感じていました。

「ソフトの造」はよくないのに、「ソフトの効果」は高い…。
それが自分の作ったソフトとなると、だいぶ複雑な気分になりますね。

ではっ!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(24)-APIの実行時間を測定してみた。

どもです。 今回、以前から気になっていた、開発環境/プラットフォームであるTOPPERS HRP2

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

no image

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築した

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました

どもです。 つい最近、ソースコードの解析に役に立ちそうなツールを見つけたので、ここで少し紹介をしま

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発しています。 その際に、当然ですが

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、い

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(7):pigpioを使用したチャタリング対策の問題

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したチャタリング対策について記載しました。 今

記事を読む

Splash

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

どもです。 今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑