*

QtでRaspberryPi/GUI開発(12)-gpioの状態をGUIに反映する

公開日: : pigpio, Qt, RaspberryPi, 開発

どもです。
今回は、gpioピンの状態(HIGH/LOW)の変化を画面上に即座に反映する方法について書きます。

1.何をした

これまで、RaspberryPi/Qt/pigpioでGPIOピンの状態変化を画面上に表示してきました。
しかし、それらのエントリで提示したサンプルは、コマンドラインツールでした。
そこで今回は、コレを一歩進めて、
「GPIOピンの状態変化をGUI画面上に表示する」
ということをやってみました。

2.作業環境

今回の作業環境は、下記の通りです。

H/W:RaspberryPi3
MDK001(ADT7310搭載)
OS:Raspbian 9.4(stretch)
GPIO Library:pigpio

3.実現方法

「GPIOピンの状態変化をGUI画面上に表示する」ためには、方法がいくつかあるかと思います。
「個人的に思いつく方法」、「これが一般的だろうな」と思う方法についてそれぞれ書いていきます。

3.1. 個人的に思いつく方法
(状態のポーリング)

一番最初に思いついた方法です。
即ち、
「常にgpioピンの状態を常に監視し続けて、その状態を常に画面表示に反映し続ける」
という方法です。
しかし、この方法では無限ループで常にピンの状態を確認し続けなければならず、アプリケーションの拡張性を考えた場合、決して最適解とは言えません。
(しょーじき、オススメしません。)

3.2. これが一般的だろうな
(フレームワークで提唱された方法)

GUIアプリは基本的に、
「システムがアプリの処理を呼び出す」
という考え方です。
(あくまで個人的な理解です。間違っていたら指摘をお願いします。)
今回使用しているフレームワークのQtでは、下記のようなView-Modelアーキテクチャが採用されています。
詳細は、こちらの公式サイトに記載されていますので、必要に応じて参照して下さい。
modelview-overview
このアーキテクチャに従って、Dataの変化をModelに通知、さらにその状態の変化の結果をViewに反映する、という方法です。

4.やってみよう

今回やりたいことについて、下記のようにView-Modelアーキテクチャにクラスを当てはめてみました。
modelview-overview_painted
ココで、QtではModelは「QAbstractItemModel」を、Viewは「QAbstractItemView」をそれぞれ継承したクラスになります。
Data/Model/Viewのそれぞれのクラスの実装を、それぞれ見てみます。

なおテーマとしては、
「GPIOピンの割込みの立ち上がり/立ち下りによる割込み結果を、画面に表示する」
という内容を設定してみました。

4.1. Data部分

アーキテクチャで「Data」に該当する部分の実装です。
Data部分では、pigpioの割込み処理を利用してgpioピンの状態変化を検知します。
割込みが発生した際には、その際のgpioピンのレベルをModel側に通知します。
具体的な実装(一部抜粋)は、下記の通りです。

4.2. Model部分

次に、Dataからデータを受け取るModel部分になります。

CGpioModel::setGpioData()では、gpioのピン番号とデータのレベルを受け取り、それをQtのView-Modelアーキテクチャでのデータ管理方法(QModelndex、QVariant)に変換します。
そしてCGpioModel::setData()では、データ更新イベント[dataChanged()]を発行します。

4.3. View部分

最後は、データを実際に表示する「View」部分です。
受け取ったデータに対応する文字列を表示しています。
では、実装です。

注意点としては、この[dataChanged()]メソッドの宣言です。
このメソッドはヘッダーファイル/クラスでは、[slots]として宣言する必要があります。

4.4. コード全体

全コードは、GitHubにて公開しています。
このエントリ以外の部分については、こちらを参照して下さい。

5.まとめ

今回は、RaspberryPi3+Qtの環境で、gpioの状態(状態変化)を画面表示に反映する方法について記載しました。
Qt+pigpioでGUIアプリを作成している方たちの、何かしらの助けになれば幸いです。

ではっ!

関連記事

SEN0193_0114_eye_catch

土壌湿度センサーの出力値の比較:SEN0114とSEN0193

どもです。 今回も、センサーの性能、測定結果を比較してみた結果について書きます。 1.比較し

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(8)-opOUTPUT_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、EV3でモーターを動かします。 なお、今回のエントリーでも

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(9)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(III)
MariaDBのセットアップ

どもです。今回のエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(7)RaspberryPiをI

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

think_about_utest

middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。 1.最小のフレームワーク

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

no image

QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きました

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで

記事を読む

no image

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

どもです。 突然ですが、電子工作を始めてみました。 1.背景 これまで、Raspber

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑