*

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

公開日: : Arduino, HACK, 開発, 電子工作

どもです。

突然ですが、電子工作を始めてみました。

1.背景
これまで、RaspberryPiとArduino、センサーを使ってやってみたことを記事にしてきました。
それらの記事では、当然のことながら毎回内容が異なります。
従って、当然使用している回路が異なっています。
しかしながら、異なる回路の中でも「共通する部分」というのは存在します。
この「共通する部分」について、毎回毎回ブレッドボード上で配線しなおすのが、メンドクサイ時間がかかってしまいます。
なので、少しでも効率化するために、この「共通する部分」をユニバーサル基板で作成してしまうことにしました。

2.作ったもの
まず今回は、Arduino nanoを搭載するためのユニバーサル基板を使用して、下記の基板を作成しました。

・ホールセンサーが半田付けされている。
・ホールセンサーに対して、抵抗が接続(半田付け)されている。
・arduino nanoを載せるためのピンソケットが半田付けされている。
・ホールセンサーは、arduino nanoの割込みピンに接続されている。
・他のデバイスと接続するためのピンソケットが接続されている。
・他のデバイスと接続するためのピンソケットは、arduino nanoのSPI通信用ピンに接続されている。

まず、これらの条件を満たすユニバーサル基板の設計図を作成しました。
arduino_pefboard_sketch_splitboard_small

で、実物が下。
arduino_nano_bread_board_001
arduino_nano_bread_board_002

背面の半田付けの下手っぷりが目立ちますね…。
arduino nanoを載せるためのピンソケットは、8ピンと6ピンで作成しております。
arduino nanoは、左右ともにピンの数は15です。
しかし、1×15というピンソケットが手に入りません。
(調べた限りですが、売っていないようでした。)
そのため、ピンを1つ犠牲にして写真のようにしています。
8×7などにすればいい、と思いましたが、それでは半田付けができない、あるいは出来としてもピンが刺せない、という問題が発生しました。
なので、このような対策にしています。

3.作ったもの(NEXT)
先に示したモノですが、作ってみてから「無駄にデカイな」と思いました。
また、最初に作成した設計図に対してみても、やっぱり「無駄にデカイ」です。
なので、コレを少し小さくしてみることにしました。

で。
実際に小さくしてみたものが、下図です。
arduino_nano_bread_board_003
arduino_nano_bread_board_004
作成したモノの内容は、先と変わっていません。
ただし、構成物は変わっています。
arduino nanoを載せるピンソケットですが、これを1×20にしています。
お試し、です。

4.まとめ
今回、電子工作の手始めとして、arduino nanoでのセンサー使用とSPI通信を行う配線を省略ために、ユニバーサル基板にイロイロ半田付けをしました。
コレだけではほとんど配線作業の省略ができていません。
それでも、「電子工作ハック」への入り口には立ったかなぁ…と思っています。

この調子で、今後も同じ作業を行うようなことを回避すべく、イロイロ作っていく、引き続き工作を続けていきます。

ではっ!

関連記事

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(11)-opOUTPUT_STEP_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、再びモーターを動かすためのコマンドについて書きます。 コマンド

記事を読む

Qt_logo_2016

QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択されたボタンの特定方法まで記載し

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(2):コピー機能の実装

どもです。 前回に引き続き、今回もMFCネタです。 内容は、MFCでの「クリップボードへのデータ

記事を読む

OpenCvLogo

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 O

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップ

どもです。 前回までのエントリで、「DHT11の測定結果をクラウドで見える化する」という内容を書い

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(11)-SPI通信をしてみた(その3)

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回もやっぱりQtは出てきません。 そろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(12)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(V)
nginxとuWSGIの連携

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

どもです。この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表で

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) Raspb

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(9)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(III)
MariaDBのセットアップ

どもです。今回のエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前

→もっと見る

PAGE TOP ↑