*

自宅で電子工作(1):ブレッドボードでの配線を省略する

公開日: : Arduino, HACK, 開発, 電子工作

どもです。

突然ですが、電子工作を始めてみました。

1.背景
これまで、RaspberryPiとArduino、センサーを使ってやってみたことを記事にしてきました。
それらの記事では、当然のことながら毎回内容が異なります。
従って、当然使用している回路が異なっています。
しかしながら、異なる回路の中でも「共通する部分」というのは存在します。
この「共通する部分」について、毎回毎回ブレッドボード上で配線しなおすのが、メンドクサイ時間がかかってしまいます。
なので、少しでも効率化するために、この「共通する部分」をユニバーサル基板で作成してしまうことにしました。

2.作ったもの
まず今回は、Arduino nanoを搭載するためのユニバーサル基板を使用して、下記の基板を作成しました。

・ホールセンサーが半田付けされている。
・ホールセンサーに対して、抵抗が接続(半田付け)されている。
・arduino nanoを載せるためのピンソケットが半田付けされている。
・ホールセンサーは、arduino nanoの割込みピンに接続されている。
・他のデバイスと接続するためのピンソケットが接続されている。
・他のデバイスと接続するためのピンソケットは、arduino nanoのSPI通信用ピンに接続されている。

まず、これらの条件を満たすユニバーサル基板の設計図を作成しました。
arduino_pefboard_sketch_splitboard_small

で、実物が下。
arduino_nano_bread_board_001
arduino_nano_bread_board_002

背面の半田付けの下手っぷりが目立ちますね…。
arduino nanoを載せるためのピンソケットは、8ピンと6ピンで作成しております。
arduino nanoは、左右ともにピンの数は15です。
しかし、1×15というピンソケットが手に入りません。
(調べた限りですが、売っていないようでした。)
そのため、ピンを1つ犠牲にして写真のようにしています。
8×7などにすればいい、と思いましたが、それでは半田付けができない、あるいは出来としてもピンが刺せない、という問題が発生しました。
なので、このような対策にしています。

3.作ったもの(NEXT)
先に示したモノですが、作ってみてから「無駄にデカイな」と思いました。
また、最初に作成した設計図に対してみても、やっぱり「無駄にデカイ」です。
なので、コレを少し小さくしてみることにしました。

で。
実際に小さくしてみたものが、下図です。
arduino_nano_bread_board_003
arduino_nano_bread_board_004
作成したモノの内容は、先と変わっていません。
ただし、構成物は変わっています。
arduino nanoを載せるピンソケットですが、これを1×20にしています。
お試し、です。

4.まとめ
今回、電子工作の手始めとして、arduino nanoでのセンサー使用とSPI通信を行う配線を省略ために、ユニバーサル基板にイロイロ半田付けをしました。
コレだけではほとんど配線作業の省略ができていません。
それでも、「電子工作ハック」への入り口には立ったかなぁ…と思っています。

この調子で、今後も同じ作業を行うようなことを回避すべく、イロイロ作っていく、引き続き工作を続けていきます。

ではっ!

関連記事

tlp222af_001_eye_catch

Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れることができました。 今回は、こ

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(3):クリップボードへのデータ形式の登録

どもです。 今回も、クリップボードネタです。 1.背景(簡単に) アプリケーションにコピー

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(12)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(V)
nginxとuWSGIの連携

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをI

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

c_sharp_eye_catch

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCoverageを使ってみた

どもです。 以前、OpenCppCoverageを使用してWindows上でカバレッジ測定する方法

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

Rasp_DHT11

温度(湿度)センサを使ってみた(2)-RaspberryPi/pigpioでDHT11

どもです。 前回は、DHT11をAdrudinoにつないで温度/湿度を測定してみました。 そこで

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(8):pigpioを使用したチャタリング対策の問題の対策

どもです。 だいぶ、間が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで、「

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをIoTゲートウェ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(27)-EV3にヒステリシス処理を実装してみた

どもです。 今回は、モーターから読み出した値に対するヒステリシス・フィルター処理です。 0.

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑