*

GitHubのFreeプランでのPrivate Repository数が無制限になったので試してみた

公開日: : 最終更新日:2019/01/23 徒然

どもです。
年明けに、「おっ♪」と思うようなニュースがありました。
それが
「GitHubのFreeプランでもPrivate Repositoryを無制限に作れるようになる」
というニュースです。
年明けのニュースなので、このタイミングでブログに書くのは「今更」感たっぷりでですが、少し気になった、試してみたことを書いてみます。

1.どうやって作るの?
Private repositoryは、PublicなRepositoryを作るのと同じ方法で作成できます。
即ち、GitHubの「新しいRepositoryを作る」画面の[Public/Private]を選択する箇所で、[Private]を選択すればOKです。

GitHubPrivateRepository_001

で、作ったリポジトリがコチラ。
GitHubPrivateRepository_002

これまで作ってきたpublicなrepositoryとは、アイコンが異なっています。

また、私のGitHubのページを見ると、Repositoryの数がPublicなRepositoryの数になっています。
ホントにPrivateなRepositoryが作れるようになっていました。

2.Publicに変更できるの?
結論から言うと、「できます」。

Private Repositoryですが、開発が完了した時点で世間に公開したいタイミングが出てくるかと思います。
(「そんなんネーヨ」とは言わないように)
そのときに「できない」となると、新規にPublicなリポジトリを作ってやり直し、開発中の変更履歴が全てなくなってしまいます。
そのため、「Private → Public」の変換ができないと、バージョン管理としては意味がなくなってしまいます。

で。
この「Private → Public」の変換ですが、Repositoryの[Settings]→[Options]画面の[Make public]ボタンを押下することで変換ができます。
※この[Make public]ボタンですが、画面の下の方、かつ[Danger Zone]とされた箇所にあります。
GitHubPrivateRepository_003

このボタンを押下すると、確認画面が出てきます。
GitHubPrivateRepository_004

この画面を見ると、以下のようなことが書かれています。

  • コードは、https://github.comにアクセスした全ての人が見れるようになります
  • リポジトリは、誰でもforkできるようになります。
  • 変更は、activityとして公開されます。

…特に気にする内容は書かれていません。
なので、入力ダイアログにリポジトリ名を入力し[I understand make this repository public.]ボタンを押下すれば、Public Repositoryへの変換は完了です。

3.Privateに変更できるの?
結論から言うと、「できます」。

手順は、「Private → Public」と同じ画面、手順で実施できます。
ただし、「Public → Private」の場合には、表示される注意書きが異なります。
GitHubPrivateRepository_005

  • 永久に失われるもの:
    ・リポジトリの全てのスターとウォッチャー
    ・このページで作成されたページ
  • プランを更新することで、下記の機能を失うことを回避できます
    Codeowners機能
    ・Wiki
    Insight pagePulseContributorsCommunityTrafficCommitsCode FrequencyNetwork
    ・共同作業者。共同作業者は、3名に制限されます。
    ・ブランチの保護設定

「プランを更新することで、下記の機能を失うことを回避」できる機能は、FreeプランではPublic repositoryにのみ有効になっているオプションです。
(詳しくは、GitHubのPricingページを参照して下さい。)
これらの情報は、Repositoryによっては重要な内容があったりします(たぶん、するでしょう)。
特に「Wiki」。
なので、やっぱり注意は必要かも知れません。

なお、今回のエントリーを書くにあたり、「Public → Private」の切り替えは試せていません。
上述した内容が、本当に失われるか否かについては、未確認です。
訳が間違っている、実際には無くならない、ということがありましたら、指摘をお願いします。

以上、今回は、何番煎じか分からない、GitHubのPrivate Repository解禁について記載しました。

さてさて次回は…。

ではっ!

関連記事

no image

RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

どもです。 今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRaspbianをセットアップしたとい

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(1)-はじめに

どもです。 突然ですが、今回から数回にわたって「単体テストの効率化」についてのエントリになりま

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の2回目です。 (1回目はコチラ:単体テスト

記事を読む

drawio

よさげな設計ツールをみつけました

どもです。 今回は、設計の際に使用するツールについて記載します。 普段、ソフトの設計を行

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発しています。 その際に、当然ですが

記事を読む

GitHub

batファイルによるGitリモートリポジトリへのpush

どもです。 突然ですが、普段、コマンドラインからgitコマンドを利用して行っているリモートリポジト

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。 1回目から5回目まではコチラ

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(3)-スタブの引数

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の3回目です。 1回目、2回目はコチラ:

記事を読む

Arduino_Logo

Arduino nano(中華版)をセットアップしてみた

どもです。 突然ですが、「Arduino nano」互換(なのか?)の中華ボードを手に入れました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑