*

QtでRaspberryPi/GUI開発(7):pigpioを使用したチャタリング対策の問題

公開日: : C言語, pigpio, RaspberryPi, 開発

どもです。
前回のエントリーで、pigpioを使用したチャタリング対策について記載しました。
今回のエントリーでは、この「チャタリング対策」で発生した問題について記載します。
なお、今回のエントリーは、「発生した問題の記載」までです。
残念ながら、「発生した問題の解決」については記載していません。

(発生環境)
H/W:RaspberryPi3
OS:Raspbian 9.4(stretch)
LIB:libpigpio(Raspbian 9.4(stretch)でデフォルトインストール済?)

1.発生した問題
今回発生した問題は、「チャタリング対策のタイマーが生成できなくなる」というものです。
具体的には、割り込みが発生した際にチャタリング対策のためにタイマーをスタートさせています(gpioSetTimerFunc())。
しかし、この関数の中で、

と、メッセージが表示され、タイマーを生成できなくなります。
※英語部分については、環境によっては日本語の場合があります。

2.問題の発生箇所の特定
上記の現象/問題の発生箇所ですが、pigpioライブラリの「gpioSetTimerFunc()」から呼び出されている「intGpioSetTimerFunc()」の内部です。
この関数は、ライブラリのAPIとしては公開されていない、staticな関数です。
そして、この関数の中で「pthread_create()」を実行してタイマーのための別スレッドを生成しています。
この「pthread_create()」で、エラーが発生しています。

3.問題の発生原因
発生原因は、端的に言えば「メモリリーク」です。
問題が発生したプログラムでは、「gpioSetTimerFunc()」で指定した、タイマー満了時に実行されるコールバック内でタイマーを停止しています。
そして、pigpioでは、タイマーの停止の際には「pthread_exit()」を使用しています。
即ち、「pthread_create()」でスレッドを生成、生成されたスレッド内(「pthread_create()」を実行したスレッドとは、別のスレッド)で「pthread_exit()」でスレッドを停止する、という実装になっています。
これは、「メモリリーク」を作り出す、典型的な実装です…。
(バグの作りこみ…です。)

4.問題の確認
すこし簡単なプログラムで、この現象/問題が発生するか否かを確認してみました。
確認に使用したプログラムを、下記に示します。

プログラムを簡単に解説します。
GPIO26のレベルを、10msecごとにHIGH/LOWで切り替えます。
また、このレベルの切り替え、特にLOWからHIGHへの切り替えを「割込み」とし、「IsrCallback」が実行されます。
さらに、この「IsrCallback」内で「gpioSetTimerFunc」を実行、20msec後に「TimerCallback」が呼び出されます。
「TimerCallback」では、「gpioSetTimerFunc」を実行してタイマーを停止しています。

コンパイルは、ラズパイ上で下記コマンドにより実行します。

5.問題の確認結果
上記プログラムをコンパイル、実行すると、TimerCallback()が8059回実行された段階で、エントリの最初に示したメッセージが表示されるようになります。
また、topコマンドを実行してアプリケーションが使用しているメモリサイズを確認したところ、どんどん大きくなっていました。
即ち、コードを確認して導き出した結論通りの結果になることが、確認できました。

6.まとめ
これまでで、前回のエントリで書いた方法でのチャタリング対策では、「pthread_create()」を実行したスレッドとは別のスレッドで「pthread_exit()」が実行される、という実装になります。
そのため、メモリリークが発生する実装になってしまいます。

さて、どうしたもんか…。
この問題への対策については、今後考えていきます。

ではっ…!

関連記事

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(11)-SPI通信をしてみた(その3)

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回もやっぱりQtは出てきません。 そろ

記事を読む

think_about_utest

middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。 1.最小のフレームワーク

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(27)-EV3にヒステリシス処理を実装してみた

どもです。 今回は、モーターから読み出した値に対するヒステリシス・フィルター処理です。 0.

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

DIY_eye_catch

自宅で電子工作(2)-ラズパイのSPIコネクタ自作

どもです。 今回は、電子工作です。 1.何を作った 今回紹介(?)するのは、Raspber

記事を読む

OpenCvLogo

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 O

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。

どもです。 RaspberryPiのOS:Raspbianの新しいバージョンが、少し前(…なの

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(2)-ESP-WROOM-02で気温測定

どもです。 この記事は、IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップからの続きです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑