*

RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

公開日: : RaspberryPi, 開発

どもです。
ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました。
今回のエントリは、このタッチスクリーンのセットアップについて記載します。

1.購入したもの
今回購入したものは、下記のモノです。
Quimat 3.5インチタッチスクリーン

巷では、「Raspberry Pi で使えるポータブルモニタの決定版」という評価を得ています。
この評価を信じて、購入いたしました。

2.内容物です
パッケージに含まれていたモノを、順番に示していきます。
quimat_lcd_package
quimat_lcd_package_002
quimat_lcd_package_003
Qt_add_resource_file_004

3.ケースについて
今回、ケース付のものを購入しました。
しかし、このケースを使用した場合、すでに使用しているRaspberryPi3のケースとの同時使用/併用ができません。
使用しているRaspberryPi3のケースには、ファンがついています。
この冷却能は捨て難いものがあります。
そのため、今回は泣く泣く付属していたケースは諦めます。

4.パネルの接続
前項で、付属していたケースではなく、既存のファンが使用可能なケースを使うことにしました。
この場合、IOピンとの接続ができません。
そのため、電源供給もできず、よって画面への表示ができません。
コレをどう解決するか。
はい。USB給電です。
購入した「Quimat 3.5インチタッチスクリーン」には、IOピンとは別に、給電用のUSBポートがついています。
このポートとRaspberyPi3本体のUSBポートを接続して、スクリーンへの給電ができます。

5.画面サイズについて
デフォルトでは、画面の解像度は「1920×1080」に設定されていました。
しかし、この設定では画面の表示が細かすぎて、文字が読めません。
そのため、より見やすいサイズに画面の解像度を設定する必要があります。
「Quimat 3.5インチタッチスクリーン」の物理解像度は「480×320」となっていますので、解像度はこの値に合わせることにします。
ここで、解像度の設定を合わせると同時に、タッチパネルの設定も行います。
手順としては、付属していたCDの[Driver]フォルダ内にある「LCD-show.tar.gz」をRaspberryPi3の任意の場所にコピーします。
コピーしたら、RaspberryPiでコマンドプロンプトを起動、先のファイルをコピーしたフォルダに移動して、下記の順番でコマンドを実行します。

処理が完了すると、RaspberryPiが自動で再起動します。
再起動すると、タッチパネルが有効になっています。

6.構築した環境
今回構築した環境は、コレです。
quimat_lcd_environment

さて、この環境を使用して、RaspberryPi3/Qtでの開発を行っていきます。

ではっ!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(16)-TOPPERS/HRP2 EV3 で Bluetooth割込み

どもです。 今回は、EV3 の環境をTOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(8):pigpioを使用したチャタリング対策の問題の対策

どもです。 だいぶ、間が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで、「

記事を読む

c_sharp_eye_catch

外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスするための、データベース側の設定

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

google_test

C言語でEV3開発(6)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーの続き、google testでの単体テスト環境に

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをIoTゲートウェ

記事を読む

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その際に、当然単体テストを行うので

記事を読む

sensor_graph_visualization_eye_catch

センサーの値を見える化する(1)-温度センサ:MDK001の値の見える化

どもです。 ここしばらく、PCツールとかの話が多かったのですが、久方ぶりに組み込み開発のネタで

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStudio/C#での単体テストの効率

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑