*

QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

公開日: : C++, C言語, pigpio, Qt, RaspberryPi, 開発

どもです。
前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用したLEDの点灯/消灯について書きました。
今回は、ボタンの操作に対するチャタリング対策を記載します。

1.チャタリングって?
チャタリングとは、H/Wのボタンを押した際に発生する機械的な振動のことです。
当然、電気的なHIGH/LOWの変化も発生します。
そのため、実際にはボタンを押した回数が1回でも、複数回の割込み処理が発生してしまいます。
この「複数回の割込み」へ対処し、1回のボタン押下に対して1回の割込み処理が発生するようにすることが、「チャタリング対応」です。

2.チャタリング対策
チャタリングは、次のように対策するのが、一般的です。
即ち、1回目の割込み発生時に、対応するピンへの割込み処理を禁止し、同時にタイマーをスタート。
タイマーが満了した際の処理において、ボタンに対する処理を実施します。
また同時に、再度ピンへの割込み処理を、再度有効にします(禁止の解除)。

3.pigpioではどうする?
pigpioでは、割込み禁止処理のための明確な関数は用意されていないようです。
(違っていたらごめんなさい。)
そのため、一度割込みの設定を解除して、タイマーが満了したら再度割り込みを設定しなおす、というものです。
具体的なコードは、下記に示します。

「割り込みの解除」は、

そして、「割り込みの再設定」は、

で、それぞれ実施されています。

しかしながら、この実装には問題があります。
1つ目は、「割り込みの再設定」ができない、という問題です。
2つ目は、「終了時にSegmentation fault」が発生する、問題です。

1つ目については、(おそらくですが)タイマースレッドで割り込みの設定を行っていることが原因かと考えています。
(実際、上記コードでgpioSetISRFunc()の結果を確認したところ、「OK(0)」が返っていました。)
2つ目の問題は、1つ目と関連しており、割り込みの再設定ができておらず、その結果、終了処理の際に2重開放が発生している、というものです。
Segmentation faultが発生する際には、下記のメッセージが表示されるようになっています。

そんなわけで、上記に示した実装では、割込み禁止ができませんでした。

4.自前で割込み禁止
割込み解除~再設定の代わりに、自前で割込み禁止処理を実装します。
即ち、自前で「割込み禁止」を示すフラグを用意し、そのフラグが「真」の場合には割込みハンドラ内での処理を実行しないようにします。
(割込みハンドラ自体は、呼び出されてしまいます。)
具体的なコードを示します。

IsInCriticalSectionが、「自前の割込み禁止フラグ」です。
割込みハンドラの先頭で、このフラグの真偽を判定し、「真」の場合にのみタイマーをスタートしています。
加えて、タイマーが満了していた際に、ボタンが押されていた場合にのみ、ボタンに対する処理を実施します。
これは、ボタンを間違って押した場合、およびボタンを放した場合への対処のためです。
(基本的に、ボタンを放した場合には割込みは発生しないはずですが、念のため、ということで。)

以上、今回はRaspberryPiとpigpioを用いたチャタリング対策と、その実装方法について記載してきました。

えーっと…。
今回は何も言いますまい!

ではっ!!

関連記事

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の2回目です。 (1回目はコチラ:単体テスト

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(3)-SPIのインターフェース追加(その2)

どもです。 今回のエントリも、前回に引き続き、RaspberryPiのピンをより簡便に使用でき

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

elicpse/CDTでのgdbでのソースを追従したデバッグができない問題

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でgdbを利用したデバッグ中に発生する問題について

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマンドの送受信について書きました。

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(3)-スタブの引数

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の3回目です。 1回目、2回目はコチラ:

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3を購入しました

どもです。 突然ですが、「Raspberry Pi3 model B」を購入しました。 今回のエ

記事を読む

sensor_graph_visualization_002_eye_catch

センサーの値を見える化する(2)-温湿度センサ:DHT11の値の見える化

どもです。 前回に引き続き、今回もセンサ値の見える化です。 前回のエントリの最後に、「見

記事を読む

no image

RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

どもです。 今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRaspbianをセットアップしたとい

記事を読む

cygwin_my_image

cygwinでstartコマンド

どもです。 このエントリでは、cygwinでWindows/コマンドプロンプトの「start」

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑