*

QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

公開日: : C++, C言語, Qt, RaspberryPi, 開発

どもです。
前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きました。
今回からは、このタッチスクリーンを使用たQtアプリケーションの開発に向けて、エントリーを作成していきます。
(と言いつつも、タイトルには「(4)」の文字…。ぷっ!)

1.イベントハンドラ
「イベントハンドラ」は、ボタンが押されたりした際に呼び出される関数です。
そのため、「GUIの部品」(Widget)に「どのような処理」が行われたら(イベント)、「どの関数(イベントハンドラ)を呼び出すか」を指定する必要があります。
Qtでは、これは下記のようにして指定します。

日本語で書くと長くなるので、ボタンの押下に対する実装例を書いてみます。
ココでは、objectNameが”sampleButton”というボタンをクリックした際に、onSampleButtonClicked()という処理が呼び出される実装を例にします。

なお、イベントハンドラ(上記例での、onSampleButtonClicked())の宣言についてはルールがあります。
即ち、アクセス修飾子に「slots」を追記して、そのセクションが「SLOT」の宣言であることを明記する必要があります。
具体的には、下記の通りです。

2.イベントハンドラを簡単に
Qtでイベントハンドラを実装する際、設定しなければならないイベントハンドラが少なければよいのですが、数が多くなった場合、1つ1つに対して上記のようなconnect()呼び出しを実装するのは手間です。
しかし、Qtにはそれを回避する実装方法が提供されています。
下記に示すフォーマット(?)で関数を宣言することで、Qtが自動でWidgetとイベントハンドラを紐付けてくれます。

なお、宣言については、アクセス修飾子に「slots」が付加された範囲に記載する必要があります。

以上、今回はイベントハンドラの実装について記載しました。
次回は、何とかタッチスクリーンを表示できるものを!!

ではっ!

関連記事

raspberry-pi

RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今

記事を読む

eclipse_oxygen

Eclipse/CrossCompile環境でプロジェクトをクリーンできない

どもです。 今回は、Eclipseでクロスコンパイル環境を作成した場合、を実行すると「指定されたフ

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました。 今回のエ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

どもです。 前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、とい

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

どもです。 今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上から操作するため

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

Splash

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

どもです。 今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについて

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(25)-Q_Learningを実装してみた…が!?

どもです。 今回の内容は、「失敗しました」という内容です。 最近、流行になっている深層学習/

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(24)-APIの実行時間を測定してみた。

どもです。 今回、以前から気になっていた、開発環境/プラットフォームであるTOPPERS HRP2

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

raspberry-pi
QtでRaspberryPi/GUI開発(7):pigpioを使用したチャタリング対策の問題

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したチャタリング対

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用し

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたので

RasPi_Qt
QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

どもです。 前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きま

raspberry-pi
RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑