*

QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

公開日: : C++, C言語, Qt, 開発

どもです。
前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択されたボタンの特定方法まで記載しました。
今回のエントリーでは、その続き(?)でグループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きます。

1.イベントハンドラの定義
Qtでイベントハンドラを宣言する場合、通常のC++に+αの記述が必要になります。
それは、「slots:」の記載です。
ヘッダーファイルでイベントハンドラを宣言する際には、アクセス指定子に「slots:」が追記された範囲に記述する必要があります。
たとえば、下記のようになります。

「slots:」が付与されていないとイベントハンドラとして認識されず、イベントに紐付けることができません。

2.connectしよう
Qtでイベントハンドラを設定するためには、connectメソッドを使用します。
詳細については、connectのヘルプを参照してください。
また、イベントハンドラの設定については、QMainWindowクラスを継承したクラスで実施するのが一般的のようです。

GUIオブジェクトのイベントに対するイベントハンドラは、下記のコードで設定可能です。

connect()関数の第1、および第2引数ではイベントを発生させるGUIオブジェクト、および紐付けたいイベント(シグナル)を指定します。
第3、および第4引数では、イベントを受け取るオブジェクト、およびイベントハンドラ(スロット)を指定しています。
その際には、SIGNAL()、SLOT()マクロを使用しましょう。

なお、QtDesignerでもイベントハンドラ(シグナル/スロット)を設定可能なのですが、こちらでは独自のイベントハンドラ(上述のコードでのonDateDisplayConfigGroupClicked(int)、あるいはonTimeDisplayConfigGroupClicked(int))は指定できないようです。
アクセス指定子を「public:」に設定しても、結果は変わりませんでした。

3.イベントハンドラを実装しよう
はい。実装して下さい。
今回作成した「時計」では、下記のように実装しています。

onDateDisplayConfigGroupClicked(int)、およびonTimeDisplayConfigGroupClicked(int)の引数をコメントアウトしていますが、これは使用していない変数に対する警告を非表示にするためです。
それ以外に、特に深い理由・目的はありません。
あしからず。

上記の実装により、ラジオボタンが押される度にイベントハンドハンドラ(onDateDisplayConfigGroupClicked(int)、およびonTimeDisplayConfigGroupClicked(int))が呼び出され、選択されたボタンに対応して日時の表示が更新されます。
コードおよびプロジェクト全体を、GitHubで公開しています。
是非一度、実行してみてください。

4.なぜかなぜか続きます
残念ながら、今回のエントリーでも書きたいことが書き切れませんでした。
なので、まだ続きます。
あと1回くらいで完了にしたいです。

ではっ!

関連記事

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。 1回目から4回目はコチラ:

記事を読む

Arduino_Logo

ホールセンサーの種類と使い方

どもです。 今回のエントリは、表題にある「ホールセンサー」についてです。 1.「ホールセンサ

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(5):pigpioを使ってみた

どもです。 RaspberryPiを購入して、LEDも手に入れたのでコレをチカらせてみようと思いま

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。 1回目から5回目まではコチラ

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(1):CFileまたはCStdioFileクラスを使用してファイル出力

どもです。 突然ですが、仕事でMFCを使用することになりました。 MFCはこれまで触ったことがな

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。

どもです。 RaspberryPiのOS:Raspbianの新しいバージョンが、少し前(…なの

記事を読む

python

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

どもです。 最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。 その際の環境構築に

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発しています。 その際に、当然ですが

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3を購入しました

どもです。 突然ですが、「Raspberry Pi3 model B」を購入しました。 今回のエ

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(10)-SPI通信をしてみた(その2)

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回もやっぱりQtは出てきません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑