*

苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

公開日: : 最終更新日:2018/06/07 RaspberryPi, 開発

どもです。
前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用いたRaspberryPi3の開発環境の構築手順と、それについての暴言を書きました。
また、エントリの末尾に「問題に対して講じた解決策を展開します」と書きました。
そのため、今回のエントリでは、宣言通りに、「講じた解決策」を記載します。

講じた解決策
2つのシンプルな方法を合わせて、問題を解決しています。
1つ目は、「開発専用のLinuxPCを用意」しました。
2つ目は、「ビルド自体は、RaspberryPi3で実施する」ことにしました。

えー…。
とてもスマートなやり方ではありませんが、色々試した結果、現状ではコレが一番現実的な方法であるという結論に辿り着きました。

2つ目の項目について
「ビルド自体は、RaspberryPi3で実施する」と書きましたが、これには少し追加情報があります。
それは、「実施手順」です。
今回の解決方法では、ビルドの際には、少し手間にはなりますが、
「ビルドするアプリの開発/実装/Makefileの作成は開発用Linuxで行い、その環境をRaspberryPi3に移植して(再度)ビルドする」
という手順をとります。

即ち、開発環境において実装からビルドまで全て行い、実行ファイルをRaspberryPi3にコピーして実行する、という方法ではありません。
そのため、ソースコードや各種ファイルのコピーの時間がかかる、ビルドに時間がかかる、といった問題がどうしても発生してしまいます。
現状の解決方法では、(悔しいですが)解決しきれない問題、残課題となってしまいます。
うーむ。

まとめ
今回のエントリでは、なんとかRaspberryPi3のクロス開発環境を構築してみました。
まだ課題は残りますが、最低限の課題が解決された環境を構築できたと思います。

残りの課題について、解決でき次第エントリを作成します。
ではっ!

関連記事

eclipse_4.3_kepler

elicpse/CDTでのgdbでのソースを追従したデバッグができない問題

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でgdbを利用したデバッグ中に発生する問題について

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

eclipse_oxygen

Eclipse/CrossCompile環境でプロジェクトをクリーンできない

どもです。 今回は、Eclipseでクロスコンパイル環境を作成した場合、を実行すると「指定されたフ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(14)-opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである「opOUTPUT_TIME_SPE

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(23)-モーターの性能確認

どもです。 今回は、EV3に付属しているモーター(Lモーター/Mモーター)の性能について調べてみた

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷移について書きました。 今回

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

raspberry-pi
RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリ

no image
QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベ

Qt_logo_2016
QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択さ

raspberry-pi
QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新で

no image
Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑