*

「 月別アーカイブ:2018年06月 」 一覧

RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

2018/06/18 | C++, OpenCv, RaspberryPi, 開発

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 開発環境は、前回と同じで下記の通りです。 OS:Linus Ubuntu 16.04

続きを見る

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

2018/06/10 | C++, C言語, RaspberryPi, 開発

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 OS:Linus Ubuntu 16.04 LTS IDE:Eclipse Oxygen Open

続きを見る

OpenCvによる画像サイズ変更

2018/06/07 | 開発

どもです。 最近、カメラの動画をOpenCvで加工する、ということに挑戦し始めました。 しかし、実際に挑戦をし始めて気がついたのですが、最近のカメラ… 映像よすぎ!! 解像度高すぎ!!

続きを見る

苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

2018/06/02 | RaspberryPi, 開発

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用いたRaspberryPi3の開発環境の構築手順と、それについての暴言を書きました。 また、エントリの末尾に「問題に対して講じた

続きを見る

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップ

どもです。 前回までのエントリで、「DHT11の測定結果をクラウドで

sensor_graph_visualization_002_eye_catch
センサーの値を見える化する(2)-温湿度センサ:DHT11の値の見える化

どもです。 前回に引き続き、今回もセンサ値の見える化です。

sensor_graph_visualization_eye_catch
センサーの値を見える化する(1)-温度センサ:MDK001の値の見える化

どもです。 ここしばらく、PCツールとかの話が多かったのですが、

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

→もっと見る

PAGE TOP ↑