*

RaspberryPi3を購入しました

公開日: : 最終更新日:2018/05/07 RaspberryPi, 開発

どもです。
突然ですが、「Raspberry Pi3 model B」を購入しました。
今回のエントリーでは、もはや何番煎じか分かりませんが、「Raspberry Pi3 model B」のセットアップの手順/内容を書いていきます。

1.購入したもの
今回購入したモノの一覧です。
Raspberry Pi 3 model B アダプタセット
Raspberry Pi 3 model B 対応ケース(SDカード付き)
LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615(今回は使いません)

2.組み立てます
Raspberry Piと一緒に、専用ケースを購入しました。
このケースは、板状のパーツを重ね合わせて形にしていきます。
ケースの組み立てについては、下記の動画を参照にしました。

3.OSイメージのダウンロード
Raspberry Pi のOSとしては、「RASPBIAN」が有名なので、コレを選択します。
OSのイメージは、Raspberry Piの公式サイトからダウンロードします。
ダウンロード画面では、「NOOBS」と「RASPBIAN」が選択できますが、ココでは「RASPBIAN」を選択します。
(※「NOOBS」のほうが色々簡単のようですが、初心者ということもあり、今回は「RASPBIAN」を選択しました。)
RaspberryPiHome

「RASPBIAN」のダウンロードページでは、「RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP」と「RASPBIAN STRETCH LITE」が選択できます。(2018/04/23現在)
RaspbianHome

この2つの違いは、デスクトップ環境の有無です。
「RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP」では、デスクトップ環境があります。
「RASPBIAN STRETCH LITE」では、CUIベースになります。
今回は、「RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP」を選択します。

「RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP」ですが、イメージのサイズが非常に大きく、ダウンロードには長時間かかるので、注意をして下さい。
(私の場合は、晩御飯食べて、食後の一杯(お茶)をしている間に終わりました。)

また、ダウンロードした「RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP」のイメージはZIP形式になっているのですが、サイズが4.6GBあります。
そのため、Windows標準の解凍ツールや「Lhaplus」では、ZIPの解凍ができません。
そのため、解凍には7-Zipというツールを使用しました。

4.OSイメージの焼きこみ
ダウンロードしたOSイメージは、下記の手順でSDカードに焼いていきます。
1:SDカードのフォーマット
SDカードをフォーマットします。
フォーマットには、SD Card Formatterを使用しました。
「SD Card Formatter」を起動し、「カードの選択」に初期化したいSDカードの名前が表示されていることを確認します。
[フォーマット]ボタンを押すと、カードのフォーマットが開始されます。

2:イメージの焼きこみ
フォーマットしたSDカードに、「RASPBIAN」のOSイメージを焼きこみます。
焼きこみには、Win32DiskImagerを使用しました。
ざっくりした手順は、

(1).ダウンロード/解凍したイメージファイルを選択
(2).イメージを焼きこむデバイスを選択
(3).[Write]ボタンを押す
Win32DiskImager
です。

以上で、OSイメージの焼きこみは完了です。

5.起動
起動前に、RaspberryPi3にキーボード/マウス/ディスプレイを接続しておきます。
イメージを焼きこんだSDカードを、RaspberryPi3のSDカードスロットルに挿入して、電源をONにします。
コレで、RasoberryPi/RASPBIANが起動します。

以上、今回のエントリーでは、Raspberry Pi 3 model B でのRASPBIAN起動について書きました。
Raspberry Pi では、実に色々なこと、電子工作ができます。
今後、電子工作についても記載していきます。

ではっ!

関連記事

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(3)-SPIのインターフェース追加(その2)

どもです。 今回のエントリも、前回に引き続き、RaspberryPiのピンをより簡便に使用でき

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単体テストの効率化について書いて

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(11)-opOUTPUT_STEP_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、再びモーターを動かすためのコマンドについて書きます。 コマンド

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の2回目です。 (1回目はコチラ:単体テスト

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、い

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(その後)

どもです。 前回、Linux/RaspberryPiでのQt(QtCreator)のクロス開発

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(2)-ESP-WROOM-02で気温測定

どもです。 この記事は、IoT開発(1)-ESP-WROOM-02のセットアップからの続きです

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStudio/C#での単体テストの効率

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで

記事を読む

eclipse_oxygen

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(12)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(V)
nginxとuWSGIの連携

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

どもです。この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表で

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) Raspb

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(9)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(III)
MariaDBのセットアップ

どもです。今回のエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前

→もっと見る

PAGE TOP ↑