*

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

公開日: : RaspberryPi, 徒然, 開発

どもです。
前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構築手順を書きました。
しかし、この環境では、ライブラリ(dll)のリンクの設定ができない(できるのかもしれませんが、私にはできませんでした)という問題があります。
単純なものであれば問題ないのですが、ライブラリを使用する場合には、あまり適しません。

今回のエントリーで言いたいこと
上記の問題に対して、一番最初に思いついた対策が、

「仮想環境(Virtualbox/VMwareなど)を使用して、Linux環境を構築して、その上で開発する。」

です。
しかし、この方法は正直オススメしません。

オススメしない理由
明確です。
処理が重いです。
処理がとても重いです。
処理がクッッッッソ重いです。

環境としは、

仮想環境:VirutalBox
仮想OS:Ubuntu16.04 LTS(Desktop)
開発環境:Eclipse Oxygen

です。
この環境でEclipseを動かしたら、とにかくレスポンスが遅かったです。
「Hello, world」を使用としてコードを書いていたら、「printf」と打っている間、この文字がエディタに表示されま線でした。

さすがにこの環境では、開発なんて…
やってられません!
…やってられません!!
……やってられません!!!

すみませんでした
指の赴くまま書いてみましたが、上記の環境での開発については、私は挫折しました。

しかし、それでも開発環境は必要なわけで…。

もしかしたら、Eclipseは古いバージョンを使用すれば問題なく動くかも知れないのですが…。
そこはやはり最新版を使用したいので…。

今回のエントリは、ココまで(暴言吐いておしまい)とします。
次のエントリでは、この問題に対して講じた解決策を展開します。

関連記事

eclipse_oxygen

Eclipse/CrossCompile環境でプロジェクトをクリーンできない

どもです。 今回は、Eclipseでクロスコンパイル環境を作成した場合、を実行すると「指定されたフ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(14)-opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである「opOUTPUT_TIME_SPE

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

どもです。 今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上から操作するため

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

no image
Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。

raspberry-pi
RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出

OpenCvLogo
RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です

OpenCvLogo
OpenCvによる画像サイズ変更

どもです。 最近、カメラの動画をOpenCvで加工する、というこ

eclipse_oxygen
苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用

→もっと見る

PAGE TOP ↑