*

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

公開日: : RaspberryPi, 開発

どもです。
今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築したので、その手順を記載します。

0.はじめに
今回の作業環境は、下記に示す通りです。
発生環境
(HW)
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-3770L 3.5GHz
メモリ:16.0(GB))

(SW)
OS:Windows7 Professional SP1 (64bit)
Eclipse:
Version:Oxygen.3a Release (4.7.3a)
Build id:20180405-1200

(RaspberryPi)
HW:Raspberry Pi 3 model B
OS:Stretch – [2018-04-18-raspbian-stretch]

Eclipseについては、Pleiadesから、Windows64bit版/Ultimateをダウンロードしています。

1.クロスコンパイラのダウンロード
クロスコンパイラについては、ココからダウンロードします。
ダウンロードしたいgccのバージョンに対応する[Toolchain download link]から、exeをダウンロードします。
次に、ダウンロードしたexeファイルを実行します。
すると、インストール画面が起動するので、①クロスコンパイラのインストール先の設定、②ライセンス条項への同意 ③インストールの実行を行います。

ToolchainRaspberryPi

インストール完了後、目的のクロスコンパイラは、「(インストール画面で指定したパス)\bin」の中に、各種クロスコンパイラが展開されています。

ToolchainRaspberryPi_install

2.プロジェクトの作成と設定
クロスコンパイラのインストールが完了したら、次はeclipseの設定です。
eclipseを起動して、メニュー[ファイル]-[新規]-[C++管理ビルド]を選択します。

ToolchainRaspberryPi_eclipseCppTemplate

すると、プロジェクトの設定画面が表示されます。ココでは、下記の設定をします。
プロジェクト名:テキトー
プロジェクト・タイプ:実行可能/Hello World C++ プロジェクト
ツールチェーン:Cross GCC

ToolchainRaspberryPi_eclipseCppProj

上記設定後、[次へ]をクリックします。
「基本設定」画面が表示されるので、ココはデフォルト設定のまま[次へ]をクリックします。
「構成の選択」画面が表示されるので、これまたデフォルト設定のまま[次へ]をクリックします。
「クロス GCC コマンド」画面が表示されます。
ココでは、下記の設定をします。
クロス・コンパイラー設定部:arm-linux-gnueabihf-
クロス・コンパイラー・パス:(クロスコンパイラのインストール(binフォルダ)のパスを設定)

ToolchainRaspberryPi_eclipseCppCrossCmd

コレで、プロジェクトの設定は完了です。

3.ビルドをしてみよう
プロジェクトの設定が完了したので、次にビルドを実行します。
…とは言っても、ビルドするだけです。
プロジェクト生成直後は、「Hello, world」のソースコードが生成されているので、コレをそのままビルドします。
※今回、すこし茶目っ気を出して、「Hello, Raspberry Pi3.」に変更しています。

ビルド結果は、下記のようになります。

ビルドした実行ファイルを確認すると、ARM向けの実行ファイルであることが確認できます。

ToolchainRaspberryPi_filecmd

4.Raspberry Piへの転送と実行
Raspberry Piへの転送は、cygwin/sftpを使用します。
具体的には、下記の手順を実行します。

ファイルの転送が完了した後に、sshでRaspberry Piにログインします。
sshでのログインが完了したら、ファイルを実行します。
実行結果は、下記のようになりました。

ToolchainRaspberryPi_execute

関連記事

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(7):pigpioを使用したチャタリング対策の問題

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したチャタリング対策について記載しました。 今

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをIoTゲートウェ

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(9)-SPI通信をしてみた

どもです。 えー。 「Qtで…」とか書いておきながら、今回はQtは出てきません。 今回のエ

記事を読む

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました

どもです。 つい最近、ソースコードの解析に役に立ちそうなツールを見つけたので、ここで少し紹介をしま

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷移について書きました。 今回

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

どもです。 この記事は、以下の記事の続きです。 IoT開発(1)-ESP-WROOM-02の

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(16)-TOPPERS/HRP2 EV3 で Bluetooth割込み

どもです。 今回は、EV3 の環境をTOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(3)-SPIのインターフェース追加(その2)

どもです。 今回のエントリも、前回に引き続き、RaspberryPiのピンをより簡便に使用でき

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(12)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(V)
nginxとuWSGIの連携

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6

iot_at_home_eye_catch
IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

どもです。この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表で

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) Raspb

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(9)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(III)
MariaDBのセットアップ

どもです。今回のエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch
IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前

→もっと見る

PAGE TOP ↑