*

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

公開日: : RaspberryPi, 開発

どもです。
今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築したので、その手順を記載します。

0.はじめに
今回の作業環境は、下記に示す通りです。
発生環境
(HW)
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-3770L 3.5GHz
メモリ:16.0(GB))

(SW)
OS:Windows7 Professional SP1 (64bit)
Eclipse:
Version:Oxygen.3a Release (4.7.3a)
Build id:20180405-1200

(RaspberryPi)
HW:Raspberry Pi 3 model B
OS:Stretch – [2018-04-18-raspbian-stretch]

Eclipseについては、Pleiadesから、Windows64bit版/Ultimateをダウンロードしています。

1.クロスコンパイラのダウンロード
クロスコンパイラについては、ココからダウンロードします。
ダウンロードしたいgccのバージョンに対応する[Toolchain download link]から、exeをダウンロードします。
次に、ダウンロードしたexeファイルを実行します。
すると、インストール画面が起動するので、①クロスコンパイラのインストール先の設定、②ライセンス条項への同意 ③インストールの実行を行います。

ToolchainRaspberryPi

インストール完了後、目的のクロスコンパイラは、「(インストール画面で指定したパス)\bin」の中に、各種クロスコンパイラが展開されています。

ToolchainRaspberryPi_install

2.プロジェクトの作成と設定
クロスコンパイラのインストールが完了したら、次はeclipseの設定です。
eclipseを起動して、メニュー[ファイル]-[新規]-[C++管理ビルド]を選択します。

ToolchainRaspberryPi_eclipseCppTemplate

すると、プロジェクトの設定画面が表示されます。ココでは、下記の設定をします。
プロジェクト名:テキトー
プロジェクト・タイプ:実行可能/Hello World C++ プロジェクト
ツールチェーン:Cross GCC

ToolchainRaspberryPi_eclipseCppProj

上記設定後、[次へ]をクリックします。
「基本設定」画面が表示されるので、ココはデフォルト設定のまま[次へ]をクリックします。
「構成の選択」画面が表示されるので、これまたデフォルト設定のまま[次へ]をクリックします。
「クロス GCC コマンド」画面が表示されます。
ココでは、下記の設定をします。
クロス・コンパイラー設定部:arm-linux-gnueabihf-
クロス・コンパイラー・パス:(クロスコンパイラのインストール(binフォルダ)のパスを設定)

ToolchainRaspberryPi_eclipseCppCrossCmd

コレで、プロジェクトの設定は完了です。

3.ビルドをしてみよう
プロジェクトの設定が完了したので、次にビルドを実行します。
…とは言っても、ビルドするだけです。
プロジェクト生成直後は、「Hello, world」のソースコードが生成されているので、コレをそのままビルドします。
※今回、すこし茶目っ気を出して、「Hello, Raspberry Pi3.」に変更しています。

ビルド結果は、下記のようになります。

ビルドした実行ファイルを確認すると、ARM向けの実行ファイルであることが確認できます。

ToolchainRaspberryPi_filecmd

4.Raspberry Piへの転送と実行
Raspberry Piへの転送は、cygwin/sftpを使用します。
具体的には、下記の手順を実行します。

ファイルの転送が完了した後に、sshでRaspberry Piにログインします。
sshでのログインが完了したら、ファイルを実行します。
実行結果は、下記のようになりました。

ToolchainRaspberryPi_execute

関連記事

no image

C言語でEV3開発(14)-opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである「opOUTPUT_TIME_SPE

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

(テーマ) C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた (下書き

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3を購入しました

どもです。 突然ですが、「Raspberry Pi3 model B」を購入しました。 今回のエ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

raspberry-pi
RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出

OpenCvLogo
RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です

OpenCvLogo
OpenCvによる画像サイズ変更

どもです。 最近、カメラの動画をOpenCvで加工する、というこ

eclipse_oxygen
苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用

eclipse_oxygen
Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryP

→もっと見る

PAGE TOP ↑