*

C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

公開日: : C言語, マインドストーム/EV3, 開発

(テーマ)
C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

(下書き)
どもです。
今回は、Ev3の移動距離の算出についてです。

1.算出方法について
移動距離は、積分により算出します。
即ち、規定時間内での変化量から、その間での移動距離を算出、その値の積算値を移動距離とします。
具体的な計算の順番は、以下の通りです。

(1).各時間ごとのモーターの角度を算出する。
(2).各時間内でのモーターの角度の変化量を算出する。
(3).角度の変化量に対するタイヤの円周を算出する。
(4).算出した円周を積算する。

2.算出方法の実装
上記計算の実装は、下記の通りです。

上記実装では、calc_distance()で角変化量から、対応するタイヤの円周を算出しています。
円周を計算しているのが、

の部分です。
この式は、「2 x π x R x (θ / 360) = π x R x (θ / 180)」です。
この「θ」の部分が、変化量となっています。
また、円周の算出の際に使用するパラメータですが、具体的な値と精度(LSB)は下記のように設定しています。

なお、モーターの角度については、EV3RTのAPIを用いて取得しています。
具体的な実装を、下記に示します。

この設定値から、calc_distance()で算出される円周の精度は0.01(mm)と、少し高精度の値となります。
その後、少し精度を下げて移動方向を考慮した値と、移動方向を考慮していない値を算出しています。

3.実行/実測結果
上記の実装を用いた測定の結果のグラフを、以下に示します。
移動距離の測定結果

グラフを見ると、移動距離の測定値は、おおよそ170cm(1700mm)となっています。
では、実際の様子を動画で録画したので、見てみましょう。

えー、こちらでもおおよそ171~2cm(1710~20mm)となっており、上記の測定結果と一致しています。
これにより、Ev3の移動距離が算出できていることが確認できました。

まとめ
以上、今回のエントリでは、モータの回転角度とEV3に同梱されているタイヤのサイズから移動距離を算出する方法を記載してみました。
また、その方法で算出される移動距離が、実際の測定距離と一致していることを確認しました。
コレにより、積分を用いて測定された移動距離が、実際の値と一致することが証明できました。

以上!
ではっ!!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

elicpse/CDTでのgdbでのソースを追従したデバッグができない問題

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でgdbを利用したデバッグ中に発生する問題について

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

python

Ev3開発サポートツール(4)-Pythonによるグラフ表示

どもです。 前回のエントリーで、VisualStudioCommunityでのPythonの開発環

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

eclipse/CDTにおけるgdbでのデバッグ中に発生するpythonのエラー

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でのデバッグの際に「pythonのエンコードエラー

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

toppers
C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

(テーマ) C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できる

toppers
C言語でEV3開発(27)-EV3にヒステリシス処理を実装してみた

どもです。 今回は、モーターから読み出した値に対するヒステリシス・フ

toppers
C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装し

toppers
C言語でEV3開発(25)-Q_Learningを実装してみた…が!?

どもです。 今回の内容は、「失敗しました」という内容です。 最

toppers
C言語でEV3開発(24)-APIの実行時間を測定してみた。

どもです。 今回、以前から気になっていた、開発環境/プラットフォーム

→もっと見る

PAGE TOP ↑