*

C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

公開日: : 最終更新日:2019/06/08 C言語, マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回は、Ev3の移動距離の算出についてです。

1.算出方法について
移動距離は、積分により算出します。
即ち、規定時間内での変化量から、その間での移動距離を算出、その値の積算値を移動距離とします。
具体的な計算の順番は、以下の通りです。

(1).各時間ごとのモーターの角度を算出する。
(2).各時間内でのモーターの角度の変化量を算出する。
(3).角度の変化量に対するタイヤの円周を算出する。
(4).算出した円周を積算する。

2.算出方法の実装
上記計算の実装は、下記の通りです。

上記実装では、calc_distance()で角変化量から、対応するタイヤの円周を算出しています。
円周を計算しているのが、

の部分です。
この式は、「2 x π x R x (θ / 360) = π x R x (θ / 180)」です。
この「θ」の部分が、変化量となっています。
また、円周の算出の際に使用するパラメータですが、具体的な値と精度(LSB)は下記のように設定しています。

なお、モーターの角度については、EV3RTのAPIを用いて取得しています。
具体的な実装を、下記に示します。

この設定値から、calc_distance()で算出される円周の精度は0.01(mm)と、少し高精度の値となります。
その後、少し精度を下げて移動方向を考慮した値と、移動方向を考慮していない値を算出しています。

3.実行/実測結果
上記の実装を用いた測定の結果のグラフを、以下に示します。
移動距離の測定結果

グラフを見ると、移動距離の測定値は、おおよそ170cm(1700mm)となっています。
では、実際の様子を動画で録画したので、見てみましょう。

えー、こちらでもおおよそ171~2cm(1710~20mm)となっており、上記の測定結果と一致しています。
これにより、Ev3の移動距離が算出できていることが確認できました。

まとめ
以上、今回のエントリでは、モータの回転角度とEV3に同梱されているタイヤのサイズから移動距離を算出する方法を記載してみました。
また、その方法で算出される移動距離が、実際の測定距離と一致していることを確認しました。
コレにより、積分を用いて測定された移動距離が、実際の値と一致することが証明できました。

以上!
ではっ!!

関連記事

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。 1回目から4回目はコチラ:

記事を読む

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(2)-スタブの戻り値

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の2回目です。 (1回目はコチラ:単体テスト

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3を購入しました

どもです。 突然ですが、「Raspberry Pi3 model B」を購入しました。 今回のエ

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(10)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(IV)
Appサーバーのセットアップ

この記事は、下記の記事の続きです。 IoT開発(6) RaspberryPiをIoTゲートウェ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

どもです。この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表です。IoT開発(5) ESP-

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

どもです。 前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、とい

記事を読む

Rasp_DHT11

温度(湿度)センサを使ってみた(2)-RaspberryPi/pigpioでDHT11

どもです。 前回は、DHT11をAdrudinoにつないで温度/湿度を測定してみました。 そこで

記事を読む

Arduino_Logo

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑