*

VisualStudioCommunityでのPython開発環境構築

公開日: : 最終更新日:2017/12/17 Python, 徒然, 開発

どもです。
最近、VisualStudioでのPython開発を始めました。
その際の環境構築について、備忘録的に手順を記載します。

1.環境について
開発環境は、下記の通りです。
OS:Windows7 64bit SP1
メモリ:16GB
VisualStudio:Community2015
PythonのVersion:3.6.1
パッケージ:Anaconda 4.4.0 (64bit)

Pythonについては、Anacondaでインストールを実施しています。
Anacondaを選択した理由としては、
「色々なライブラリを一緒にインストールできるから」
です。
Pythonでは、色々なライブラリが用意されているのですが、それらは必要なものを1つ1つ自分で選択してインストールしなければなりません。
それは、初心者の自分にとっては大変でした。
なので、予め色々なライブラリが用意されているAnacondaを選択して、Pythonをインストールしています。

2.Pythonパッケージの選択
VisualStudioで使用するPythonのパッケージを選択する手順について記載します。

2.1) VisualStudioの[ソリューションエクスプローラ]の[Python Environment]で右クリックします。
vs_python_sol_explore_001

2.2) 表示されたリストから、[View All Python Environment]を選択します。
vs_python_sol_explore_002

2.3) 「Python Environments」ビューが表示されるので、[+ Custom]を選択します。
vs_python_sol_explore_003

2.4) 各種設定を入力する画面が表示されるので、ここに任意の設定情報を入力していきます。
今回は、「Anaconda」の環境を構築します。
vs_python_sol_explore_004

2.5) で、入力した画面がコレ。自分のPCの「Anaconda」の環境を順次指定していきます。※[Path environment variable]については、特に設定していません。
vs_python_sol_explore_005

2.6) 画面を[ソリューションエクスプローラ]に切り替えると、[Python Environment]の下に作成した環境が表示されます。
vs_python_sol_explore_006

2.7) 2.6)で作成した環境が設定されていない場合には、[Python Environment]-[Add/Remove Python Environments]をクリックして、[Add/Remove Python Environments]ダイアログを表示します。
そこで、作成した環境を選択して[OK]を選択します。コレで、作成した環境の指定が完了します。
vs_python_sol_explore_007
vs_python_sol_explore_008

3.まとめ
そんなわけで、このようにしてVisualStudioでのPythonの開発で使用するパッケージが選択できます。
これで、VisualStudioでのPythonの開発の第1歩が踏み出せたかと思います。

ではっ!

関連記事

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマンドの送受信について書きました。

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

Qt_logo_2016

QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択されたボタンの特定方法まで記載し

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

どもです。 今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上から操作するため

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

raspberry-pi
RaspberryPi3対応のタッチスクリーンを買いました

どもです。 ついに、念願のRaspberryPi3対応のタッチスクリ

no image
QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベ

Qt_logo_2016
QtでRaspberryPi/GUI開発(2):ためしに時計を作ってみた(其の弐)

どもです。 前回のエントリーでは、ラジオボタンのグループ化と、選択さ

raspberry-pi
QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新で

no image
Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑