*

EV3開発サポートツール(3)-Ev3Controller

公開日: : 最終更新日:2017/12/11 C#, マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回は、以前ちらりと紹介した、Ev3のモーターの出力を調整するアプリケーションについてのエントリーです、

1.アプリケーションについて
今回のエントリーで紹介するアプリケーションは、以前紹介したものから大幅にGUIを変更しています。
で、その画面がコレ。

起動画面

起動直後は、何も表示されません。
Ev3との接続が完了した後に、接続されたデバイスに対応する画面が表示されます。
接続後

2.モーター出力の制御
モーター出力の制御は、キーボードの上下の矢印ボタン、ステアリング比制御は左右の矢印ボタンで行います。
モーター出力は、上矢印でアップ、下矢印でダウンします。
また、ステアリングは右矢印で右折、左矢印で左折です。
各出力範囲は、-100(%)から100(%)です。
加えてスペースキーでモーター出力比を、エンターキーでステアリング比をそれぞれ0(%)にリセットします。

画面への表示ですが、モーター出力は表示されますが、ステアリング比は表示されません。
(モーター出力が正:前進)
前進

(モーター出力が負:後進)
後退

2.アプリケーションで解決した問題
このアプリケーションで解決したのは、Ev3本体の「操作性」です。
以前のバージョンでは、マウスで矢印をクリックして各出力を操作していました。そのため、画面を確認しながらでなければ操作ができません(Ev3を見ながらの確認ができません)。しかし、今回のバージョンではキーボードで操作できるため、Ev3本体を見ながらの操作が可能です。
コレにより、Ev3の操作性を向上させています。

3.アプリケーションで解決したかった問題
このアプリケーションで「解決した問題」は、2.で記載した通りです。
しかし、このアプリケーションで「解決したかった問題」は、別にあります。それは、「操作に対するEv3の振舞いを確認すること」です。
そのためには、任意の操作/出力を制御する必要がありました。このアプリケーションにより、それが可能になります。
さてさて、これでやっと「一番解決したい問題」に取り組む準備ができました!

4.公開しています。
今回のエントリーで紹介しているツールは、GitHubにて公開しています。
なお、開発環境はWindows7/VisualStudioCommunity2015です。
Behaviorを使用しているので、Microsoft.Expression.Interactions.dllとSystem.Windows.Interactivity.dllが必要です。

ではっ!

2017/12/11:追記
・過去ログへのリンクが設定されていませんでしたので、設定しなおしました。
・公開したアプリケーションのGitHubのリンクが設定されていませんでしたので、設定しなおしました。

関連記事

cygwin_my_image

cygwinでstartコマンド

どもです。 このエントリでは、cygwinでWindows/コマンドプロンプトの「start」

記事を読む

think_about_utest

VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発しています。 その際に、当然ですが

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(12)-gpioの状態をGUIに反映する

どもです。 今回は、gpioピンの状態(HIGH/LOW)の変化を画面上に即座に反映する方法につい

記事を読む

Arduino_Logo

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何?

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(6):pigpioを使用したチャタリング対策

どもです。 前回のエントリーで、pigpioを使用したボタンを使用したLEDの点灯/消灯について書

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(9)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(III)
MariaDBのセットアップ

どもです。今回のエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(7)RaspberryPiをI

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

どもです。 突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。 具体的には、C#/WPFで、独自

記事を読む

no image

Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 最近、Qtを触り始めま

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(1):CFileまたはCStdioFileクラスを使用してファイル出力

どもです。 突然ですが、仕事でMFCを使用することになりました。 MFCはこれまで触ったことがな

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前回のエントリ内でMariaDB

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑