*

batファイルによるGitリモートリポジトリへのpush

公開日: : 徒然

どもです。
突然ですが、普段、コマンドラインからgitコマンドを利用して行っているリモートリポジトリへPush処理を、バッチファイルで自動化してみました。
その方法を忘れないようにするために、備忘録的なエントリです。

まず、リポジトリ構成ですが、
リポジトリ構成
となっています。
この構成では、[FeatureBranch_sub]で行った開発/コミット結果を、{GitHub}にpushします。
今回作成したbatファイルでは、[FeatureBranch_sub]の変更内容を、一気にリモートリポジトリにpushしています。
では、作成したbatファイルの全文です。

前述の「肝」は、2~3行目の処理です。
この処理で、変数CUR_BRANCHに、「FeatureBranch_Develop」がセットされます。
そして、7行目以降の処理で、ブランチの内容をmasterまで順次マージし、その後リモートリポジトリにpush、そして、再度「FeatureBranch_Develop」をチェックアウトします。コレで、batファイルを使用する側は、ブランチの切り替えを意識することなく、ただbatファイルを実行するだけで変更をリモートリポジトリにpushできます。

関連記事

no image

よさげな設計ツールをみつけました

どもです。 今回は、設計の際に使用するツールについて記載します。 普段、ソフトの設計を行

記事を読む

DSC01629

はじめまして

田舎出身のエンジニアです。 大学進学に伴い上京、その後10年以上を東京で過ごし、 転職と配属に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

PAGE TOP ↑