*

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

公開日: : マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、という内容について書きました。
今回は、前回の内容を踏まえて、モーターの出力値を制御する方法について記載します。

1.モーターの設定
モーターを設定、出力値(動作させたい値)を指定、あるいは動作値(現在の出力値)は、やっぱりEV3RTのAPIを使用します。詳細は、コチラに掲載されているので、このエントリーで詳細は記載しません。必要に応じて、参照して下さい。

モーターの特性については、コチラからダウンロードできる資料を参考にして下さい。
また、コチラのサイトも参考になるかも知れませんので、リンクを張っておきます。

2.モーターの目標出力値の指定
モーターを動かす/制御するに当たり、「目標となるモーターの出力値」を指定する必要があります。これは、前回までのエントリーで紹介してきた、Bluetooth通信を用いたコマンド処理により行います。
また、単にモーターの出力を指定するだけではなく、ステアリング比(こんな言葉があるのか?)もコマンドで指定するようにします。
モーターの出力値を指定するためのコマンドは、以下のように設計しました。
SetMotorPower_CmdFrmt
SetSteer_CmdFrmt

3.モーター出力値の算出
コマンドで目標モーター出力値を受信してから実際にモーターにその値を通知するまでは、下記のような順で処理を実行します。

SoftwareArchitecture_DriveMotor

この構成に従ったモーター制御の処理順の実装は、下記の通りです。

※MOTOR_TASK_INTERVALは、10msecを設定しています。

モーター出力確定では、フィードバック制御を用いて、最終的なモーター出力値を算出します。
とくに、フィードバック制御では、PID制御を適用します。
PID制御を適用した理由ですが、以前PID制御を用いたモーター制御について検討したことがあるためです。
<詳しくは、コチラの記事を参照>

具体的には、以下のようにPID制御を実装しています。

※他の処理(モーター出力の最大値の判定)の実装は、このエントリーでは割愛します。

4.Ev3の車に載せて動かしてみた
上記の通りに実装したアプリケーションを使用してEv3を動作させた際の様子が、以下の動画です。

…おかしいですね…。
期待した動きとしては、
「まっすぐ進んで、壁の直前で停止して、バックして、またまっすぐ進んで…」
という動きを繰り返すように動かしたつもりなんですが…。
ハンドル操作(?)を間違えたかな?
それとも、バグ!?
とりあえず、動きをロギングできていないので、原因は闇の中になってしまいました。

今回のエントリー/動画では、上記で実装したPID制御とそれによる車の制御を見せたかったのですが、何やら目的と違うエントリーになってしまいました。無念です。
あ。
前回のエントリーで書いた、超音波センサから取得した前方の障害物との距離から安全状態を判定する、という機能は正しく動作していることだけは確認できました。

次回は、もう少し、まともなエントリーにします。

ではっ!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(8)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(II)-ex
MariaDBにPHPからアクセス

どもです。 このエントリは、前回のエントリの追加項目です。 前回のエントリ内でMariaDB

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(4):Enter(ESC)キーでダイアログが閉じないようにするための設定

どもです。 前回、Enterキー/ESCキーでダイアログが閉じられることを回避する方法を記載しまし

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(28)-EV3の移動距離を計算できるようにしてみた

どもです。 今回は、Ev3の移動距離の算出についてです。 1.算出方法について 移動距離は

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

no image

QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きました

記事を読む

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。 ただし、単

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(6)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(I)
VM上に開発環境を構築

どもです。前回までの記事で、ESP-WROOM-02/ESP32を電池で駆動して、センサーのデータを

記事を読む

c_sharp_eye_catch

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCoverageを使ってみた

どもです。 以前、OpenCppCoverageを使用してWindows上でカバレッジ測定する方法

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑