*

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

公開日: : C#, マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。
具体的には、C#/WPFで、独自のUI(ユーザーコントロール)の作成について記載します。

1.目的
目的、つまり「何のためにユーザーコントロールをつくるのか」ですが、これは自分が作ったツールを「かっこよく」するためです。
この「自分が作ったツール」がコレ↓。
Bluetooth接続後

見ての通り、見た目がとてもカッコ悪いです!!
なので、コレをかっこよくするために、ユーザーコントロールを作成することにしました。

2.作ったモノ
まず手始めに、各センサーから取得した値を表示するユーザーコントロールを作成しました。
で作ったのがコレ↓。
作成したユーザーコントロール
※画面右側のボタンやテキストボックスは入力用です。メインは、黒の枠線で囲まれた範囲です。

画面左上のアイコンが接続状態を示し、接続中は対応するセンサーの値が表示されます。
コレに対し、切断中はセンサーから読み出した値が表示/反映されません。
実際に、「切断中」に遷移させた様子がコレ↓
作成したユーザーコントロール(切断中)

3.公開しています
今回作成したユーザーコントロール(のサンプル)ですが、開発環境、ソースコード、およびバイナリを、GitHubで公開しています。
内容はごくごく単純な内容で、特に難しい点、工夫した点はありません。

というわけで、今回はEV3での開発を進める際に使用したツールの改修について書きました。
まずは第一歩ということで、センサーの値を表示するためのユーザーコントロールを作成しています。
今後、少しずつですが、ツールの開発についてエントリを書いていきます。
その際に、何か技術的な課題と解決方法も書けたら…。

ではっ!

関連記事

toppers

C言語でEV3開発(19)-コマンド通信処理でEchoBackしてみた

どもです。 前回は、Bluetoothの接続状態の変化に伴う、状態遷移について書きました。 今回

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

どもです。 前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、とい

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(14)-opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである「opOUTPUT_TIME_SPE

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(15)-TOPPERS/HRP2 EV3 で PID制御

どもです。 今回のエントリーは、コレまでのエントリーから内容を変えて、モーターの動作の制御をします

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマンドの送受信について書きました。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(8)-opOUTPUT_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、EV3でモーターを動かします。 なお、今回のエントリーでも

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

PAGE TOP ↑