*

EV3開発サポートツール(1)-C#のユーザーコントロール開発

公開日: : C#, マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
突然ですが、今回はC#に関するエントリになります。
具体的には、C#/WPFで、独自のUI(ユーザーコントロール)の作成について記載します。

1.目的
目的、つまり「何のためにユーザーコントロールをつくるのか」ですが、これは自分が作ったツールを「かっこよく」するためです。
この「自分が作ったツール」がコレ↓。
Bluetooth接続後

見ての通り、見た目がとてもカッコ悪いです!!
なので、コレをかっこよくするために、ユーザーコントロールを作成することにしました。

2.作ったモノ
まず手始めに、各センサーから取得した値を表示するユーザーコントロールを作成しました。
で作ったのがコレ↓。
作成したユーザーコントロール
※画面右側のボタンやテキストボックスは入力用です。メインは、黒の枠線で囲まれた範囲です。

画面左上のアイコンが接続状態を示し、接続中は対応するセンサーの値が表示されます。
コレに対し、切断中はセンサーから読み出した値が表示/反映されません。
実際に、「切断中」に遷移させた様子がコレ↓
作成したユーザーコントロール(切断中)

3.公開しています
今回作成したユーザーコントロール(のサンプル)ですが、開発環境、ソースコード、およびバイナリを、GitHubで公開しています。
内容はごくごく単純な内容で、特に難しい点、工夫した点はありません。

というわけで、今回はEV3での開発を進める際に使用したツールの改修について書きました。
まずは第一歩ということで、センサーの値を表示するためのユーザーコントロールを作成しています。
今後、少しずつですが、ツールの開発についてエントリを書いていきます。
その際に、何か技術的な課題と解決方法も書けたら…。

ではっ!

関連記事

think_about_utest

単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。 1回目から5回目まではコチラ

記事を読む

no image

RaspberryPiのOS:RaspbianをNOOBSでセットアップしてみた

どもです。 今回の内容は、「今更!?」ですがNOOBSでRaspbianをセットアップしたとい

記事を読む

no image

QtでRaspberryPi/GUI開発(3):ためしに時計を作ってみた(其の参)-StyleSheetの適用

どもです。 前回のエントリーでは、グループ化されたボタンに対するイベントハンドラについて書きました

記事を読む

no image

Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 最近、Qtを触り始めま

記事を読む

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました(2)-Eclipseと連携

どもです。 前回のエントリで、ソースコードを解析するオープンソース「Sourcetrail」を紹介

記事を読む

OpenCvLogo

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 O

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、い

記事を読む

image027

気圧センサを使ってみた-RaspberryPi/pigpioでMPL115A1

どもです。 前回は、DHT11をRaspberryPi/pigpioで使用、温度を測定してみました

記事を読む

Arduino_Logo

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑