*

C言語でEV3開発(17)-コマンドによるTOPPERS/HRP2 EV3RT アプリケーションの制御(コントロール)

公開日: : マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回は、TOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上から操作するために作成したWindowsアプリケーションについて紹介します。

0.まずは完成品
起動直後のスクリーンショットです。
ツール(起動直後)

で、BluetoothでEv3接続後のスクリーンショットです。
Bluetooth接続後

画面右下に、通信情報(コマンド)が表示されます。

1.通信方法
すでに書いた通り、「Bluetooth」で接続します。
有線での接続は、対応/考慮していません。

2.コマンドフォーマット
何かに準拠している、ということはありません。
自分でやり易いように、テキトーに決めています。
オレオレフォーマットです。
※詳細については、今後機会があれば書きます。

3.Ev3のアプリケーション
Ev3のアプリケーションでは、基本的に以下のことを行います。
・モードの確認と遷移
・各種センサー情報の取得
・Bluetoothで受信したデータ(コマンド)の処理
・モーターの制御(出力値の算出と指定)

4.動かしてみた
※現在、動画を用意しています。
作成できたら、コチラにリンクを張ります。

Windowsアプリケーションは、C#で実装しています。
今回は、作成したアプリケーションの紹介のみになりましたが、今後はEv3のアプリケーション、およびWindowsツールの作成でぶつかった問題とその解決方法を書いていきます。

関連記事

MindStormControl_SprachScreen

EV3開発サポートツール(2)-C#のユーザーコントロール開発(2つ目)

どもです。 前回に引き続き、今回もC#/WPFでの独自UI(ユーザーコントロール)の作成についての

記事を読む

google_test_top

C言語でEV3開発(5)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

どもです。 前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、とい

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(11)-opOUTPUT_STEP_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、再びモーターを動かすためのコマンドについて書きます。 コマンド

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(7)

どもです。 今回のエントリーでは、いよいよEV3を動かしていきます。 新しい環境に対して、最もよ

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

eclipse/CDTにおけるgdbでのデバッグ中に発生するpythonのエラー

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でのデバッグの際に「pythonのエンコードエラー

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(18)-モードの遷移の設計-コマンド通信処理の準備

 どもです。  今回は、前回紹介したEv3とBluetoothで通信する機能を

記事を読む

google_test

C言語でEV3開発(6)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリーの続き、google testでの単体テスト環境に

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(20)-超音波センサと安全状態

どもです。 前回は、BluetoothでPCとEv3を接続してコマンドの送受信について書きました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

PAGE TOP ↑