*

C言語でEV3開発(14)-opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド

公開日: : マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである「opOUTPUT_TIME_SPEED」コマンドについて書きます。

(1). opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンド
今回紹介するコマンドです。
コマンドのフォーマットは、以下の通りです。

バイトインデックス内容
1コマンドコードopOUTPUT_TIME_SPEED(0xAF)
2チャンネル
3スピード-100~100(%)
4Time1(スピードに達するまでに回転する時間)0~4294967295(ミリ秒)
5Time2(スピードで動作する時間)0~4294967295(ミリ秒)
6Time3(スピードが0になるまでに要する時間)0~4294967295(ミリ秒)
7ブレーキ0 = ブレーキをかけない
1 = ブレーキをかける

このコマンドですが、前回紹介したコマンド同様、コマンドフォーマットは「opOUTPUT_TIME_POWER」コマンドに似ていることがわかります。
もちろん、コマンドに対する動作も同様です。
Time1~Time3に設定した「時間」ごとに、対応する動作をモーターにさせます。
すなわち、Time1で指定した時間をかけて、モーターの出力をSpeedで指定した値に遷移させます。
Time2で指定した時間の間、Speedで指定した出力でモーターを動作させます。
最後に、Time3で指定した時間をかけて、モーターの出力を0に戻していきます。

(2). サンプルコード
というわけで、お馴染みopOUTPUT_TIME_SPEEDコマンドを使用してモーターを動かすサンプルプログラムを表示します。

(3). 動画
というわけで、実際に動かしてみた場合の動画です。

見てわかるように、モーターは最初ゆっくり動き始め、その後だんだんゆっくりになり、最終的に停止します。
コードにあわせて説明すると、モーターが動作し始めてからの最初の3秒(3000ミリ秒)間をかけて、モーターの出力を100%にします。
次の3秒(3000ミリ秒)間は、モーターを出力100%で動かします。
最後の3秒(3000ミリ秒)間で、モーターの出力を0%に遷移させています。

(4). コマンドの注意点
このコマンドを使用する際には、opOUTPUT_STEP_POWERのときと同様の注意点があります。
すなわち、回転方向はSpeedの値で決定し、この値に負数を指定した場合には、モーターは逆方向に回転します。
たとえば、「-100」を指定した場合には、「出力100%、回転方向は逆」として認識されてしまいます。

また、Speedに0を設定した場合です。
これは、理想的にはモーターが動作しないことです。
しかし、実際に動かしてみると、モーターは動作してしまいます。
原因は、不明です。

次に、TimeNに設定する値です。
Time1ですが、これは「0」に設定できます。
「0」を設定した場合、コマンド実行直後にSpeedに指定した出力で、モーターを回転します。
なお、Time2、およびTime3ですが、この値には「0」は設定可能です。

また、opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンドですが、コマンド実行前にopOUTPUT_STARTコマンドの実行は必要ありません。

以上、今回は、opOUTPUT_TIME_SPEEDコマンドについて書きました。
では。

関連記事

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(13)-opOUTPUT_STEP_SPEEDコマンド

どもです。 今回のエントリーは、モーターを動かすコマンドである 「opOUTPUT_STEP_S

記事を読む

python

Ev3開発サポートツール(4)-Pythonによるグラフ表示

どもです。 前回のエントリーで、VisualStudioCommunityでのPythonの開発環

記事を読む

GitHub

C/C++のスタブを自動生成するツールを公開しました

どもです。 突然ですが、C/C++の単体テストで使用する「スタブ」を自動で生成するツールを公開

記事を読む

OpenCvLogo

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 O

記事を読む

eclipse_oxygen

苦肉の策でLinux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 前回のエントリでは、仮想環境(VirtaulBox)を用いたRaspberryPi3の

記事を読む

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました(2)-Eclipseと連携

どもです。 前回のエントリで、ソースコードを解析するオープンソース「Sourcetrail」を紹介

記事を読む

Arduino_Logo

ホールセンサーの種類と使い方(割込み編)

どもです。 前回に引き続き、今回もホールセンサーについてです。 1.前回からの違い 前回の

記事を読む

eclipse_oxygen

Linux/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた…がっ!

どもです。 前回のエントリでは、WindowsにRaspberryPi3のクロスコンパイル環境の構

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

source_trail_eye_catch
Sourcetrailを試してみました(2)-Eclipseと連携

どもです。 前回のエントリで、ソースコードを解析するオープンソース「

source_trail_eye_catch
Sourcetrailを試してみました

どもです。 つい最近、ソースコードの解析に役に立ちそうなツールを見つ

SEN0193_0114_eye_catch
土壌湿度センサーの出力値の比較:SEN0114とSEN0193

どもです。 今回も、センサーの性能、測定結果を比較してみた結果につい

ADT7310_DHT11_eye_catch
温度センサの出力値の比較

どもです。 今回は、センサーの性能、測定結果を比較してみたので、それ

DIY_eye_catch
自宅で電子工作(2)-ラズパイのSPIコネクタ自作

どもです。 今回は、電子工作です。 1.何を作った 今回紹介

→もっと見る

PAGE TOP ↑