*

C言語でEV3開発(9)-opOUTPUT_SPEEDコマンド

公開日: : 最終更新日:2015/04/30 マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーでは、前回に引き続きEV3のモーターを動かしていきます。
ただし、単純にモーターを動かすのではなく、EV3のファームウェアで用意されている「コマンド」を使用して動かしてみます。

(1). コマンドとは?
「とは?」と書いたものの、説明するまでもなく、そのまま「命令」です。
具体的には、前回のエントリで使用した「opPROGRAM_START」や「opOUTPUT_START」が、それにあたります。
EV3でモーターを動かす際には、この「コマンド」を使用します。
これまた前回のエントリーで紹介した「opOUTPUT_POWER」が、具体的な「モーターを動かすためのコマンド」になります。
EV3では、これらのコマンドが様々用意されております。

(2). opOUTPUT_SPEEDコマンド
今回紹介するコマンドです。
前回のエントリーで使用していたコマンドです。
コマンドのフォーマットは、以下の通りです。

バイトインデックス内容
1コマンドコードopOUTPUT_SPEED(0xA5)
2チャンネル-
3スピード-100~100(%)

なので、実際にコマンドデータを実行する場合には、以下のようにデータを設定します。

あとは、これをwrite関数に書き込めばモーターが動作します。
(ただし、あらかじめopPROGRAM_START/opOUTPUT_STARTコマンドを実行しておく必要があります。)
なお、powerにマイナスの値を設定した場合には、回転方向が逆になります。

(3). 動かしてみた
というわけで、opOUTPUT_SPEEDコマンドを使用してモーターを動作させるためのサンプルプログラムを載せます。

上記のコードですが、ほとんどの部分は前回のエントリーから変更はありません。
変更箇所は、コマンドの実行手順です。

L.106~L.107です。
前回は、実行順序は逆でした。つまり、「opOUTPUT_START」→「opOUTPUT_SPEED」の順番で実行していました。
しかし、今回は「opOUTPUT_SPEED」→「opOUTPUT_START」の順番で実行しています。
現在、原因は不明ですが、この順番で実行しないとモーターが動作しません。

というわけで、実際に動かしてみた場合の動画です。

さて。
今回は、モーターを動かす一番簡単な(と、私が勝手に思っている)コマンドについて紹介しました。
次回は、同じようにモーターを動かすためのコマンドを引き続き紹介していきます。
では。

関連記事

eclipse_4.3_kepler

elicpse/CDTでのgdbでのソースを追従したデバッグができない問題

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でgdbを利用したデバッグ中に発生する問題について

記事を読む

MY_MFC_LOGO

MFCプログラミング(1):CFileまたはCStdioFileクラスを使用してファイル出力

どもです。 突然ですが、仕事でMFCを使用することになりました。 MFCはこれまで触ったことがな

記事を読む

Arduino_Logo

1台のarduinno nanoで割込みとSPIの同時使用

どもです。 先日手に入れたArduino nano(中華)で遊んでいます。 今回、この1台のAr

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(22)-ロギング機能

どもです。 前回は、モーターの出力を制御する方法について記載しました。その際に、モータ/車体が期待

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

no image

Windows-QtCreatorでのデバッグ

どもです。 更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 最近、Qtを触り始めま

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi起動時にpigpiodがスタートしないようにする

どもです。 これまでpigpioを使用してRaspberryPiからLEDをチカらせる方法など、い

記事を読む

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(2)

どもです。 前回のエントリーで、OpenCppCoverageというカバレッジを測定する、フリーの

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(6)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(I)
VM上に開発環境を構築

どもです。前回までの記事で、ESP-WROOM-02/ESP32を電池で駆動して、センサーのデータを

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(11)
ESP-WROOM-02を長時間駆動させた

どもです。この記事は、下記の記事の続き、「測定可能な期間」の結果発表です。IoT開発(5) ESP-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

arduino_relay_switch_002_ae_g5v_drv_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(2)-AE-G5V-DRV

どもです。 前回の記事では、「フォトカプラリレー」を使用したLチ

tlp222af_001_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(1)-TLP222AF

どもです。 つい先日、やっとのことでリレースイッチを手に入れるこ

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(2)-C#からMariaDbにアクセスする。

どもです。 前回のエントリで、外部からMariaDbにアクセスす

c_sharp_eye_catch
外部からMariaDbにアクセスする(1)-データベースの設定

どもです。 今回は、Linux上のMariaDbにWindows

think_about_utest
middle_unit
最小…よりも(ほんの)少し大きいテストフレームワーク

どもです。 今回は、単体テストのフレームワークについて書きます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑