*

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

公開日: : 最終更新日:2015/04/30 マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコマンドは、モーターを動かすコマンドではありません。
ごめんなさい。
今回のエントリーでは、モータのカウントをリセットするコマンドについて書きます。
具体的には、「opOUTPUT_CLR_COUNT」コマンドです。
なお、このコマンドの実行結果は、IntelligentBoxのディスプレイの表示により確認できます。

(1). opOUTPUT_SPEEDコマンド
先にも書きましたが、今回紹介するコマンドです。
前回のエントリーで使用していたコマンドです。
コマンドのフォーマットは、以下の通りです。

バイトインデックス内容
1コマンドコードopOUTPUT_CLR_COUNT(0xB2)
2チャンネル-

なので、実際にコマンドデータを実行する場合には、以下のようにデータを設定します。

あとは、このデータをwrite関数を使用してモーターのポートに書き込みます。
その結果、IntelligentBoxの値がクリアされます。

(3). 動かしてみた
というわけで、opOUTPUT_CLR_COUNTコマンドを使用して、モーターの回転回数、回転角度をクリアしてみます。
実際のサンプルプログラムを、以下に記載します。

また、main関数内のモーターを動作させるシーケンスも、今回用に少し修正しています。

というわけで、実際に動かしてみた場合の動画です。

さて。
今回は、モーターを動かす一番簡単な(と、私が勝手に思っている)コマンドについて紹介しました。
次回は、同じようにモーターを動かすためのコマンドを引き続き紹介していきます。
では。

関連記事

GitHub

Windowsでのカバレッジ測定-OpenCppCoverageを使ってみた(1)

どもです。 ここ最近、Windows上で開発を行っています。 その際に、当然単体テストを行うので

記事を読む

source_trail_eye_catch

Sourcetrailを試してみました

どもです。 つい最近、ソースコードの解析に役に立ちそうなツールを見つけたので、ここで少し紹介をしま

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで

記事を読む

c_sharp_eye_catch

セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内の文字列から「打消し線で消され

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPi3を購入しました

どもです。 突然ですが、「Raspberry Pi3 model B」を購入しました。 今回のエ

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(27)-EV3にヒステリシス処理を実装してみた

どもです。 今回は、モーターから読み出した値に対するヒステリシス・フィルター処理です。 0.

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(その後)

どもです。 前回、Linux/RaspberryPiでのQt(QtCreator)のクロス開発

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(26)-EV3で機械学習(1)-QLearningをC#に委譲してみた

どもです。 前回の投稿では、Q-LearningをEV3本体に実装してみたら、メモリが足りなくて動

記事を読む

raspberry-pi

libpigpioでのRaspberryPi3とArduinoのSPI通信

どもです。 今回は、libpigpioを使用してRaspberryPi3とArduinoでSPI通

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑