*

C言語でEV3開発(6)

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーは、前回のエントリーの続き、google testでの単体テスト環境についてです。

前回のエントリーでは、google testのコードをプロジェクトに取り込み、テストコードと一緒にビルドする方法について書きました。
そこで今回は、google testを静的ライブラリとしてビルド、リンクして実行ファイルを生成する方法について紹介します。

なお、google testのコードをダウンロード・展開してあることを前提とします。
場所は、

を想定します。

1. 静的ライブラリのビルド
では、実際にビルドするための手順を、以下に示します。

以上、最後に静的ライブラリが2つ作成されています。

2. 静的ライブラリのリンクの設定
ここでは、静的ライブラリをリンクするための設定について記載します。
といっても、手順は簡単。
eclipseのプロジェクトプロパティで、[C/C++ビルド]-[設定]-[ツール設定]-[GCC C++Linker]-[ライブラリー]で、以下の設定を行います。
[ライブラリー(-l)]
pthread
gtest
gtest_main

[ライブラリ検索パス(-L)]
(“1.”のビルドの手順で、静的ライブラリが出力されたディレクトリ)

以上で、ライブラリの設定は完了です。

3. テストコード
実際にライブラリを使用したテストコードと、テストの実行です。

まず、以下のようなクラス、およびメソッドを作成します。

次にテストコードです。今回は、「TestFunction」というメソッドのテストを実行します。
実際のテストコードは、以下。

なお、コード上の”gtest/gtest.h”をインクルードするためには、”gtest/include”フォルダをインクルードパスに追加しておく必要があります。
これまでの設定、およびコードを作成してビルドします。
ビルドされたファイルを実行することで、単体テストが実行されます。
なお、今回の結果では、以下のようになります。
google_test_sample_result_1
テストの内容は、非常に単純なので、ここは割愛します。
結果を見ての通り、1ケースのテストが実行され、結果が「OK」となっています。

以上がgoogle testをライブラリ化し、それを使用して単体テストを実行するための手順になります。
ではっ!

関連記事

Rasp_DHT11

温度(湿度)センサを使ってみた(2)-RaspberryPi/pigpioでDHT11

どもです。 前回は、DHT11をAdrudinoにつないで温度/湿度を測定してみました。 そこで

記事を読む

OpenCvLogo

RaspberryPiで物体検出(1)-白線検出への挑戦(1):輪郭検出による白線検出

どもです。 今回は、OpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今回の環境 O

記事を読む

RasPi_Qt

QtでRaspberryPi/GUI開発(4):イベントハンドラの設定

どもです。 前回のエントリーで、「タッチスクリーンを買った」と書きました。 今回からは、このタッ

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(21)-モーター出力の制御

どもです。 前回は、超音波センサから前方障害物との距離を取得し、それを元に安全状態を判断する、とい

記事を読む

raspberry-pi

RaspberryPiで物体検出(2)-白線検出への挑戦(2):輪郭検出による白線検出(実機編)

どもです。 今回は、前回に引き続きOpenCvを用いて道路の白線検出について、です。 1.今

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(23)-モーターの性能確認

どもです。 今回は、EV3に付属しているモーター(Lモーター/Mモーター)の性能について調べてみた

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(1)-ライブラリを作ります

どもです。 これまでこのブログでは、RaspberryPiのGPIOとかSPIを使用したアプリ

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(3)-SPIのインターフェース追加(その2)

どもです。 今回のエントリも、前回に引き続き、RaspberryPiのピンをより簡便に使用でき

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(16)-TOPPERS/HRP2 EV3 で Bluetooth割込み

どもです。 今回は、EV3 の環境をTOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(3)-テスト実行からレポート生成までをツールで自動化

どもです。 前々回、前回と、VisualStudio/C#での単

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(2)-出力ファイルの読める化

どもです。 前回の続きです。 前回は、VisualStud

think_about_utest
VisualStudioで実行した単体テストの結果の出力(1)-ファイルへの出力

どもです。 最近、VisualStudio/C#でよく開発してい

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(6)-スタブの自動生成ツール

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の6回目です。

think_about_utest
単体テストの効率化を考える(5)-スタブの自動生成への入力

どもです。 「単体テストの効率化について考える」の5回目です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑