*

C言語でEV3開発(5)

公開日: : 最終更新日:2015/03/01 マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーは、前回のエントリーでちくっと触れた、「単体テスト」について、です。

現在、C/C++向け単体テストは有償/無償含めて多数知られております。有名ドコロでは、CppUnitでしょうか。
しかし、このCppUnitは、環境を整えたり使い方を覚えたりと、実際に使うまで少し手間がかかります。
これに対して、だいぶ前から「google test」というフレームワークが有名になっています。
そこで、今回は、Eclipseで「google test」を使用するための環境設定について記載します。

1. google test のダウンロード
これは簡単。
google test のサイトからzipファイル(記事作成時点では、gtest-1.7.0.zip)をダウンロードします。

2. google test の展開
これも簡単。
Linuxのコマンドライン上で、以下のコマンドを実行します。

3. google test の取り込みとビルドの設定
これも簡単。
解凍したgoogle test のコードをEclipseの単体テストプロジェクトに追加します。
このとき追加するのは、解凍したフォルダ全体とします。
ついで、以下のフォルダをインクルードフォルダに追加します。
gtest/
gtest/src
gtest/include

また、ビルド対象のソースを選択します。
対象とするのは、google testのsrcフォルダ以下、下記のファイルのみにします。
gtest_main.cc
gtest-all.cc

gtest_all.cc の中にmain関数が含まれています。そのため、プロジェクト作成時に追加されるソースコード内のmain関数は削除、あるいは関数名の変更が必要になります。

さて。
ここで時間が来てしまいましたので、今回はここまでにします。
次回は、実際にテストコードを作成して使い方を紹介したいとおもいます。

関連記事

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(2)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回に引き続き「EV3の開発環境の構築」の追記です。

記事を読む

eclipse_cdt_top_100

C言語でEV3開発(3)

どもです。 今回のエントリーの内容は、前回まででセットアップした環境で、実際にEV3上で動く実行フ

記事を読む

no image

Objective-CからC++コードを呼び出す

どもどもです。 今回は、突然ながらMacに関係する投稿です。 ソフト関係のことを勉強していて

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(8)-opOUTPUT_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、EV3でモーターを動かします。 なお、今回のエントリーでも

記事を読む

toppers

C言語でEV3開発(16)-TOPPERS/HRP2 EV3 で Bluetooth割込み

どもです。 今回は、EV3 の環境をTOPPERS/HRP2 EV3RT で作成したアプリをPC上

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

eclipse_4.3_kepler

eclipse/CDTにおけるgdbでのデバッグ中に発生するpythonのエラー

どもです。 今回のエントリーは、Eclipse上でのデバッグの際に「pythonのエンコードエラー

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(7)

どもです。 今回のエントリーでは、いよいよEV3を動かしていきます。 新しい環境に対して、最もよ

記事を読む

eclipse-juno-logo

C言語でEV3開発(1)

どもです。 2回目の投稿。 本格的な投稿としては、初めての投稿になります。 内容は、LEG

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(4)

どもです。 今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

PAGE TOP ↑