*

C言語でEV3開発(4)

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 マインドストーム/EV3, 開発

どもです。
今回のエントリーは、前回のエントリー内容/EclipseでEV3の実行ファイルをビルドするための環境構築への別アプローチです。

前回のエントリの内容、実は少し問題のあるアプローチです。
「少し」と書いたのは、前回紹介した内容でもクロス環境は十分に実現でき、実際に実行ファイルの作成はできています。
では、何が問題なのか?です。
それは、「単体テスト」です。
単体テストは、開発PC上で行います。
そのため、EV3の開発環境でPC(VM)上で動作する実行ファイルが作成できなければなりません。
しかし、前回の内容では、ビルドできるのはEV3の実行ファイルのみです。
そこで今回は、前回作成した環境で、さらにPC(VM)上で動作するための環境設定の構築手順について記載します。

(1). 設定画面表示
まず、Eclipseを起動し、EV3開発プロジェクトのプロパティを開きます。
ついで、[C/C++ビルド]-[設定]を選択します。これで、設定画面が表示されます。

(2). 構成のコピー
設定画面が表示されたら、右上の[構成の管理…]を選択します。
cross_compile_manage_configuration
すると[構成の管理]ダイアログが表示されます。この画面において、コピーしたい構成を選択し、[新規]ボタンを押下します。
cross_compile_select_configuration
[新規構成の作成]画面ダイアログが表示されるので、任意の名前と説明を入力します。ここでは、PCDebug/PC上でのデバッグ環境とします。
cross_compile_create_new_config_after
次に、設定のコピー元の[プロジェクトからインポート]ボタンを有効にし、リストからベースにしたい設定を選択します。ここでは、Debugを選択しました。
cross_compile_create_new_config_after
これにより、PCDebugという構成が追加されました。

(3). クロスコンパイラ設定変更
次に、クロスコンパイラの設定を変更します。
(1). と同様の手順で設定画面を表示します。次に、[ツール設定]タブを表示します。
このとき、[構成]は、(2). で追加した構成を選択します。
ここで、ツール設定タブの[Cross Settings]を選択します。すると、接頭部にクロスコンパイラのGCC前、パスにはクロスコンパイラのパスが表示されています。
これを両方とも削除します。
cross_compile_create_corss_config

これで、クロスコンパイラの設定は完了です。

(4). ビルドの確認
プロジェクトをビルドします。
下が、実行した際のコンソールです。
cross_compile_build_pc

使用しているコンパイラがgccになっていることが確認できます。
また、ビルドされた実行ファイルを確認すると、PC向けのファイルになっていることが確認できます。
さらに、実際にファイルも実行できます。
cross_compile_build_pc_file

これで、1つのプロジェクトでPC/EV3向けの実行ファイルの両方がビルドできるようになりました。
単体テストなども、実行できます。

関連記事

no image

C言語でEV3開発(12)-opOUTPUT_TIME_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、これまた前回に引き続き、モーターを動かすためのコマンドについて書

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(8)-opOUTPUT_POWERコマンド

どもです。 今回のエントリーでは、EV3でモーターを動かします。 なお、今回のエントリーでも

記事を読む

raspberry-pi

ライブラリでRasPiのピンにアクセス(2)-SPIのインターフェース追加

どもです。 前回のエントリでは、RaspberryPiのピンをより簡便に使用できるようにするた

記事を読む

RasPi_Qt

Rasbianの新しいバージョンが出たので、クロス環境を更新してみた。(その後)

どもです。 前回、Linux/RaspberryPiでのQt(QtCreator)のクロス開発

記事を読む

iot_raspberrypi_gateway_001_eye_catch

IoT開発(13)
RaspberryPiをIoTゲートウェイにする(VI)
flaskでGET/POSTの受信処理

どもです。このエントリは、以下のエントリの続きです。 IoT開発(6) RaspberryPi

記事を読む

no image

Windows/EclipseでRaspberryPiのクロス環境を構築してみた

どもです。 今回は、Windows/EclipseでRaspberry Piのクロス環境を構築した

記事を読む

Arduino_Logo

フォトレジスタを使ってみた-Arduinoで光検出

どもです。 今回は、タイトル通り「フォトレジスタの使い方」です。 1.フォトレジスタって何?

記事を読む

iot_at_home_eye_catch

IoT開発(14)
ESP-WROOM-02の稼働時間を延ばす工夫をしてみる

どもです。この記事は、以下の続きです。 IoT開発(4)-ESP-WROOM-02を電池で駆動

記事を読む

no image

C言語でEV3開発(10)-opOUTPUT_CLEAR_COUNTコマンド

どもです。 前回のエントリーのラストで、「モーターを動かすコマンド」と書きましたが、今回紹介するコ

記事を読む

raspberry-pi

QtでRaspberryPi/GUI開発(1):ためしに時計を作ってみた

どもです。 また更新の間隔が空いてしまいました。 久しぶりの更新です。 前回のエントリーで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

c_sharp_eye_catch
セルに「取り消し線」が設定されているかを判定してみた

どもです。 前回、前々回と、エクセルのセル内の文字列から、「取り

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」の削除を簡単にしてみた

どもです。 前回、C#/OpenXmlを用いて、エクセルのセル内

c_sharp_eye_catch
セル内の「取り消し線で消された文字列」を削除してみた

どもです。 今回は、C#/OpenXmlの組み合わせで、エクセル

c_sharp_eye_catch
C#でバッファの内容を表示する処理を実装してみた-
データ型に従って動的に書式を設定する

どもです。 最近、C#でバッファ/配列の値をコンソールに表示した

arduino_relay_switch_003_self_preservation_circuit_eye_catch
Arduinoでリレースイッチ(3)-自己保存回路

どもです。 前回の記事で、リレースイッチ「AE-G5V-DRV」

→もっと見る

PAGE TOP ↑